自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

瞑想すること

瞑想を習慣に

 

瞑想を初めてから、かれこれ10年。

 

この10年を振り返ってみると、

瞑想熱にも波があり、全くすることがない時期もあれば、

毎日熱心に瞑想に取り組む時期があり、波がありました。

 

そして、最近再びこの瞑想に熱が入ってきました。

 

理由として挙げられることは、

この本「あるヨギの自叙伝」を再び読みだしたからであります。

 

この本は、実在したヨギの自叙伝であり、

スティーブ・ジョブスのiPad2に唯一ダウンロードされていた本

として知られている。

 

私は以前購入していたので、本棚にあったのですが、

何故か今のタイミングで読みたくなり、

再び読み出しました。

 

 まだこのブログを書いている時点では読み終わって

ないけれども、以前読んだ時にはない気づきがいくつか

ありました。

 

例えば、

 

われわれのからだを構成する原子に感じられる”常に新鮮なよろこび”で、これこそ神の存在の明瞭なあかしだ。

 

 以前でしたら、この部分へーぐらいで読み飛ばしていていました。

けれども、今回読むとこの箇所に私は気づきが得られました。

 

瞑想すると、不思議なことに日によって深く瞑想できた時と、

できない時があります。

 

それは自分自身の体調に影響されることもあれば、

月の影響もあります。

 

これまであまり月の影響を考えたこともありませんでしたが、

瞑想が深くできる時は満月の時、新月の直前の方が

うまくいきます。

 

そして瞑想が上手くいく場合になると、

この”新鮮な喜び”といわれるものを体感することができます。

 

感覚的な表現で言うと、気持ちがよく、身体が

ゾクゾクするような体感。

 

瞑想を知ると、瞑想が強いられると言われています。

 

瞑想を続けていくことで、私もこの意味が少しは

わかるようになりました。

 

ヨギの方は、瞑想を毎日10時間以上続けている方も

いるようですが、瞑想というのは苦行でもなく、

気持ちの良いものです。

 

そして、精神の安定にもつながっていきます。

 

引き続き、この本を読み進めて、

少しでも真理に触れられるように励んでいこうと思います。