自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

最新刊の神との対話を読んでからの新たな行動へ

面接を終えて昼ごはんでも食べようかと、渋谷で

お店を探していたところ、本屋を発見しました。

 

その時、なんだかこの本屋が輝いて見え、

引き寄せられるように、お腹が空いているにも関わらず、

入って行きました。

 

そして、本屋を歩いて何か、気になる本でもないかなー

と周りを見渡すと、ありました。

 

これ!

 

 

 

神との対話 完結編

神との対話 完結編

  • 作者: ニール・ドナルド・ウォルシュ,吉田利子
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2018/10/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

日本にいない間に、こんな本が出ているではないか。

しかも、ちらっと最初の方を読んでみると、

このシリーズが出るのは約10年ぶりのようでした。

 

日本からパリに住む時に、何冊かパリに行っても

絶対必要だと思って持っていった神との対話シリーズ。

 

日本に戻る直前にもしばしば読んでいました。

 

既にこのシリーズ、相当読み込んでいます。

受験生の単語帳のように、手垢で少し黒ずん

いるような感じになりつつあります。

 

なので、この最新刊を見使えるや否や、

直ぐに本を購入しました。

 

その日は、転職の面接だけでしたので、

家に帰ってからずーっと読んでおり、

1日で読み切ってしまいました。

 

今後も読んで行き続けますが、

さっと新しい本の内容を直ぐに

入れたいという気持ちでサクサクと読んで

しまいましたた。

 

 

このシリーズ、面白いもので本の回を

重ねれば重ねるほど、自分の意識も上がってきている

ように感じます。(そもそもそのように設計してあるようです)

 

意識が上がるというのは、より噛み砕くと自分の

トータルの認識力が上がっており、

徐々に真理がわかってくれる、噛み砕いて説明をしてくれます。

 

 

今回の本、要は何かと言うと、

 

既に人類は一定の意識に達したようです。

これ自体は、本当に喜ばしいことです。

 

ただ、この達していることを気付かせるのが、

この本の言いたいことでもあります。

 

また、地球外からの援助が差し出されている

のだから、しっかりと受け取り、高度な存在に

なるようにというメッセージが含まれていました。

 

 

もちろん、だいぶバッサリと要点だけを

挙げてみました。

 

 

また、今後どうすればより意識を上ることが

できるかいくつか提案をしていましたが、

私自身は、その中のアドバイスを受け、

実際にやってみたいことがあります。

 

それは、自分の現段階から今後どのように

プロセスを得ていくかを、他の人とシェアすることを

進めていました。

 

これまでも自分の経験や考え方をもっとシェアしたいなー

と思ったことはありますが、いつもそこまで目立った

結果、偉業を成し遂げてないのに、偉そうに

何か語るなんて、まだまだだという風に思っていました。

 

ただ、この本のアドバイスには、自分の

プロセスを公開することは悪くない、やった

方がいいと述べており、自分も

やってみようかなと思い立ちました。

 

 

なので、今後のはてなブログで、

自分の現状、プロセスを定期的に

アップして行きたいなと思いました。

 

 

誰がみるんだとついつい思ってしまいますが、

まー備忘録も兼ねてアップして行きます。

 

 

よろしくお願いします。

 

ということで、この神との対話シリーズ

いいので、ぜひ読んでみてくださいね。