自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

最近、寒くなり思うこと

 

 

暑かった夏の日差しが懐かしい。もはやそんな季節は過ぎ去ってしまい、最近はめっきりと寒くなってきた。起きたら「寒い」というのが口癖になりそうなくらいだ。

 

日本は四季がはっきりしており、季節の変わり目に人々が敏感だったりする。スギ花粉症なので春が来ることはあまり望まないけれども。

 

そんな春はどこか花粉がない場所で暮らしてみたいと思うのが理想。フランスにいた頃は、当然スギ花粉がなかったので春は快適で心地がより季節であった。

 

どこか春の時期には東南アジアに行こうかと思っていた。最近妻がタイに行っていた。私がタイに行ったのは10年ほど前だったので、今のタイと10年前のタイでは様子が異なるようだ。

 

それはスモッグ。タイだけに限らず東南アジア、インドでもこのスモッグが問題のようだ。

 

www.afpbb.com

 

 

だから、旅行しても公害がひどくマスクを着用する必要があるようだ。経済成長が貼ってしている国は必ず通る現象でもある。以前は中国からの公害が問題となっていたが、この問題を中国は既にクリアしたのだろうか。以前も日本でも公害問題が喫緊の課題であり、規制を厳して改善された。

 

そんなことが今、東南アジアで起こっているようだ。世界はフラット化する。今後の人口の推移をみると、アフリカの人口増加が際立っており、アジア→アフリカへと経済成長がシフトしていくのだろう。

 

日本は緩やかに下降していくのが、自然の摂理。その頃には長時間労働は消滅しており、人が自分らしく働けるそんな社会へと移行しているのだろうか。

 

 

世界各地で起こる抗議活動

世界を見渡すと、世界各地でデモが発生している

 

世界の変化のスピードがこれまで以上に加速しており、旧体制、独裁政権、不平等な社会のルールに人々は、変化を求めている現れだと思う。

 

昨年は、フランスの「黄色いベスト運動」が行われフランス全土で反政権の運動が起き、1年が経とうとしている。

 

www.afpbb.com

 

そして、最近の香港デモは以前に比べて激しさを増している。

 

dsp.logly.co.jp

 

さらには、ボリビアでは大統領が辞任した。

 

www.afpbb.com

 

中東に目を向けると、イラン、イラクでも反政府運動が起こっている。

 

www.afpbb.com

 

 

www.afpbb.com

 

パレスチナ人の抗議活動が活発になっている。

 

www.afpbb.com

 

 

さらには、南米では。

 

www.afpbb.com

 

どれもここ最近の出来事である。世界は変革し、新たな時代へと変わろうとしている。そんな節目のタイミングなのだろう。もうすぐ2020年を迎え、私たちはこれまでにない変化、躍進の年となるのだろう。

 

 

 

ベルリンの壁崩壊から30年

ドイツのベルリンの壁が崩壊してもうすぐ30年が経過

 

 

www.afpbb.com

 

正確には1989年11月9日のこと。

 

私は意識もない頃だったので、その当時のインパクトの大きさを体感することができなかった。けれども、今に置き換えると北朝鮮と韓国の国境がなくなるようなそんなインパクトなのだろうか。

 

ニュースは突然やってくる、そしてこの日を境に何かが大きく変わった、そんな節目となる出来事であったのだろう。

 

世界を見渡してみると、いくつもの国でデモが行われている。既存の社会のシステムに、叫んでいる。多くのデモは、若者が率先して行動している。皮膚感覚から、今のシステムが間違っている。これは変えるべきだとの思いから行動にかられている。

 

環境問題に対しても、グレタさんを筆頭に若者たちが抗議している。大人になると、この今の現状に対応するすべを知り、現状を変えていこうと思わなくなってくるのだろう。そして、少しづつ保身へと変わっていく。

 

いつまでも変化を求めて行動する側についていたい。岡本太郎のようなイメージだろうか。現状に満足することなく、ノーと言い続けて、向上心をもって常に高みを目指していく。

 

2019年も残すところ2ヶ月を切った。後の2ヶ月でどれだけ新しいことに挑戦できるか。そんなことをベルリンの壁のニュースを見て思ってみたりする。

 

 

 

フラフラしていた期間があったからこそ

仕事は本質的には楽しいものだ

 

そう思えるのは、僕は一時期何もしない、仕事もすることもなく、

ただダラダラと過ごしていた期間があるからだ。

 

その場所は少し特殊になるけれども、

妻の仕事でフランス・パリに住んだ。

ちなみに日本での会社を退職して。

 

さらにその頃は、毎日会社に行くのが嫌で嫌でしょうがなかった。

自分にはもっとふさわしい場所がある、ここではないどこかへ。

 

職場環境もあまり良くなかった。

そんなこともあり、フランスに行けるとなり、

なんてラッキーなんだとその時は本当に思った。

 

これで人生薔薇色かもしれない。最高だ。

そう、そして意気揚々とパリに住むことに。

 

最初の頃は、何もかもが新鮮であり、毎日が発見であり、

楽しかった。おまけに毎日嫌で嫌でしょうがなかった仕事もしない。

 

当面は働くこともなく、街を観光していよう。

そして、自然とフランス語も住んでいたら話せるだろうと

思っており、観光ばかりしていた。

 

けれども、およそ1ヶ月ぐらいもすると、

フランス語が話せないことでコミュニケーションが全く取れないこと、

知り合いがほとんどできず、孤独を感じる。

それに観光もあきてしまい、徐々に自分は何をやっているのだろうか。

 

そして毎日楽しいと思っていたことが、味気なく、

ダラダラとなり刺激がなくなってしまったのである。

 

あんなにも仕事もしないで、毎日観光できて最高だなんて

思っていたことももはや昔。

 

なんだか日本の生活が懐かしくなってくるのである。

仕事をすることで、精神がだらけることなく、自分を成長させてくる。

もちろん、失敗して怒られたりするし、いやなこともある。

 

けれども、それは仕事をしているから得られるものでもあり、

実は仕事というものは自己実現をする場所であり、

人間関係を学べる場所なんだなとわかりました。

 

この辺は、しばらく無職期間があると実感できるのでは

ないでしょうか。

 

今は、いくらお金持ちになり仕事をしなくても良い状態であったとしても、

仕事は続けていきたいと思います。

 

定年になってから、突然やることがなくなり、亡くなる人が

多いと聞いたことがありますが、仕事は人生を本当は

豊かにしれくれる行為でもあります。

 

仕事は本来生き甲斐であり、楽しいことだ。

そんなことをひたすらダラダラした期間があったことで

気づくことができました。

 

地球外生命体について

最近のニュースを見ていると、いよいよ人類は

宇宙が身近な存在になるのだと感じてきた。

 

 

natgeo.nikkeibp.co.jp

 

そもそも以前は惑星に水があるのは地球だけである

なんて言われていたがそこらじゅうに水があるのが

確認されている。

 

月にすら水があるのである。 

 

www.jiji.com

 

そして、地球型の惑星も発見されている。

 

私は宇宙人を信じている。

というか、宇宙人がいないと信じているのが信じられない。

 

宇宙は果てしなく広大である。

私たちが想像する以上に広大である。

 

この広大な宇宙に生命が存在しているのが、

地球だけしかないとなぜ思えるのだろうか。

 

 

これは、推察問題とも言える。

 

1.地球型の惑星があることが発見されている。

2.水がある惑星が発見されている

3.宇宙は広大である

 

この3点の条件下から、地球外生物が存在している

と推察できる。と言える条件だと思う。

 

ニュートンの有名な言葉で、

 

目の前には手も触れられていない真理の大海原が横たわっている。だが、私はその浜辺で貝殻を拾い集めているに過ぎない

 

と自分が取り組んでいることに対して言ったことでもあるが、

これを地球と宇宙に置き換えられる。

 

広大な宇宙で、人類が地球や地球の周りの星でデータを収集

しているに過ぎない。

 

そう、これまで人類はは地球の周りでのデータだけをみて判断していた。

 

宇宙でのデータが収集されていない状態で、

宇宙人がいないと決め込んでいる人が多いのである。

 

不思議なもので、宇宙人がいないと信じている人も、

スターウォーズ、スタートレックの映画は好きで見る人も多い。

 

いずれにせよ、もう間も無く地球外生命体の

発見も行われだろう。そんな時代はそう遠くない。

 

 そして、長期休みには火星でも旅行しようかななんてことが、

普通になるのだろう。21世紀は宇宙の時代である。

最近、自分の中でインド熱が急騰

インドがガゼン気になってきた

 

「あるヨギの自叙伝」を再び読みだしたこと、

 

 

あるヨギの自叙伝

あるヨギの自叙伝

 

 

そして、ディーパック・チョップラーの「富と宇宙と心の法則」も

読みだしたことも理由に挙げられる。

 

富と宇宙と心の法則

富と宇宙と心の法則

 

 

さらに、ネットフリックスではガンジーを見だした。

 

そういえば、数日前にカレーも食べたし、ヨガもしている。

瞑想も毎日している。

 

自分の生活に、インドの割合が最近増えてきている。

ちなみに、私はまだインドに訪れたことがない。

 

兄弟はインドを旅したことがあるので、感想を聞いてみると。

 

汚い、カレーもそこまで美味しくない、住む場所ではない、

若い時に訪れる場所、でもまた行きたいと思わせる。

 

そんなことを言っていた。聞いているだけではわからないので、

機会を見つけて訪れてみたいと思う。

 

ちなみに、インドのイメージとして植えつけられたのは、

ストリートファイターのダルシムだ。

 

www.afpbb.com

 

今、大人の視点に立つと、彼は偉大なマスターであり、ヨギ者だと思う。

火を吹くし、瞬間移動もするし、空中を浮くこともできる。

 

手足が伸びるのは、よくわからないけれども。

 

中国の成長の次は、インドがこれから伸びていく。

インドには優秀な人材が多いと言われており、英語も話せるので

グローバルに活躍できる人材の基盤ができている。

 

そして、インド人が言っていたが、インド人は世界中にどこでもいると。

 

そういえば、街を歩く時にインド料理があるか気にしながら歩くと、

結構日本にもある。

 

日本にもインド人は結構いるようだ。

外務省の資料によると、日本に住むインド人は3万にほどのようだ。

もっといるような気がするのだけれども。

 

www.mofa.go.jp

 

そんなこともあり、今一番訪れたい国がインドであり、

ヨギにあって、指導していただけたらと思う次第である。

 

空白期間を作る生き方

 

空白のある生き方

 

日本では空白がある生き方をしている人は、

少ない気がする。

 

空白とは、仕事をしていない期間のことである。

転職するタイミングも、前職の職場を辞めてすぐに

新たな職場で働く人が周りには多い。

 

そして、採用する企業側も空白がある人は、

何かしら問題があるのではと思ったりしてしまうと

いう恐れを抱かせてしまうからだろうか。

 

その点、海外では空白期間をそこまでネガディブに

捉えてないように思う。

 

会社を辞めたタイミングで、しばらく旅行をする。

自分がやりたいことに没頭してみる。

 

そんな風に空白期間を楽しんで、

しばらくしたらそろそろ仕事でも探そうかと

活動するような感じだったりする。

 

仕事がなければ、失業保険をもらってしばらく

生活をしているのも別に普通だったりする。

 

その点、日本では働かないと罪悪感を

感じさせるような雰囲気がある。

 

アリとキリギリスどちらが良いかというと、

アリであれ。

 

アリである働き方が美徳とされる風潮がある。

これは日本の集合無意識でもあり、多くが会社員

として働いているからだろう。

 

日本はここ最近まで、転職することなく

入った会社で定年まで働くのが普通の働き方

であるという感じだった。

 

さすがにこの考え方は変わってきており、

転職することが普通になりつつある。

 

電車に乗ると転職の広告がたくさんある。

今の30代であれば転職経験をしている人が

多かったりする。

 

空白があることは悪いことではない。

空白によって、自分が本当に何をしたいのか、

どうしたらいいのかと考えさせられる期間でもある。

 

仕事に追われ、日々に追われていると、

なかなか方向転換をするにが難しい。

 

日々に疑問を持つことなく、もしくはあっても

忙しさのあまり前に進むしか考えられなくなる。

 

本当は、右に進む必要があるのかもしれない。

 

いずれくるベーシックインカムの時代。

先回って、自分から空白期間を作るも、人生。

 

いずれにせよ現代は、人生は長い。

そこまで焦る必要はない。

 

 

いくつもの無限の道はある。

 

ヨガをやると

ヨガをやり始めました

 

妻が以前からやっており、私も妻の隣で

教わりながら一緒に寝る前にやっています。

 

ヨガをやってから寝るのと、ヨガをやらないで寝るのでは、

体感的に異なります。

 

感覚としてはストレッチに近いかんじがします。

リラックスできて、寝る前のクールダウンのような

感じでもあり、心が落ち着いた状態で寝れます。

 

まだヨガを初めておよそ1週間ぐらいですが、

引き続きやっていこうと思っています。

 

私の場合は、寝る前にヨガ、そして布団に入って

瞑想をしています。

 

この瞑想もヨガをした後の方が、

深い意識に入りやすいです。

 

そもそもヨガも瞑想もインドから伝わってきた

ものであり。

 

この2つを通じて、インドに旅行してみたくなりました。

 

インドはヒンドゥー教が大多数を占めた国でもあり。

この宗教の儀式、フェスティバルの写真をみると

とてもカラフルです。

写真を撮るにも魅力的な国でもあります。

 

私はまだインドに行ったことがありませんが、

兄弟がインドを訪れたことがあり、インドのことを

聞いてみるとカレーの味は普通である。

道が汚く、あまり住みたいとは思わない。

ハエがいるのが普通になってくると言っており、

住むとなると別なのかもしれないという気がします。

 

けれども、ついついインドに行くことで

ヨギ者に出会うことができ、自分もより

進化、変化できるのではないかと期待してしまいます。

 

今後インドは、中国がこれまで経験してきた経済成長を

これから経験することになり、経済の観点から見ても

世界的に注目される国でもあります。

 

何が言いたかったかというと、

ヨガをやることで、インドの魅力に触れることができました。

 

ヨガをやるひとが世界中で増えているように思います。

パリでもヨガマットを持って歩く女性を

よく見かけており、東京でもヨガの教室が歩いていると

目にします。

 

それだけ効果があり、いい運動になるのだと思います。

一度ヨガ始めてみるといいかもしれません。

 

瞑想すること

瞑想を習慣に

 

瞑想を初めてから、かれこれ10年。

 

この10年を振り返ってみると、

瞑想熱にも波があり、全くすることがない時期もあれば、

毎日熱心に瞑想に取り組む時期があり、波がありました。

 

そして、最近再びこの瞑想に熱が入ってきました。

 

理由として挙げられることは、

この本「あるヨギの自叙伝」を再び読みだしたからであります。

 

この本は、実在したヨギの自叙伝であり、

スティーブ・ジョブスのiPad2に唯一ダウンロードされていた本

として知られている。

 

私は以前購入していたので、本棚にあったのですが、

何故か今のタイミングで読みたくなり、

再び読み出しました。

 

 まだこのブログを書いている時点では読み終わって

ないけれども、以前読んだ時にはない気づきがいくつか

ありました。

 

例えば、

 

われわれのからだを構成する原子に感じられる”常に新鮮なよろこび”で、これこそ神の存在の明瞭なあかしだ。

 

 以前でしたら、この部分へーぐらいで読み飛ばしていていました。

けれども、今回読むとこの箇所に私は気づきが得られました。

 

瞑想すると、不思議なことに日によって深く瞑想できた時と、

できない時があります。

 

それは自分自身の体調に影響されることもあれば、

月の影響もあります。

 

これまであまり月の影響を考えたこともありませんでしたが、

瞑想が深くできる時は満月の時、新月の直前の方が

うまくいきます。

 

そして瞑想が上手くいく場合になると、

この”新鮮な喜び”といわれるものを体感することができます。

 

感覚的な表現で言うと、気持ちがよく、身体が

ゾクゾクするような体感。

 

瞑想を知ると、瞑想が強いられると言われています。

 

瞑想を続けていくことで、私もこの意味が少しは

わかるようになりました。

 

ヨギの方は、瞑想を毎日10時間以上続けている方も

いるようですが、瞑想というのは苦行でもなく、

気持ちの良いものです。

 

そして、精神の安定にもつながっていきます。

 

引き続き、この本を読み進めて、

少しでも真理に触れられるように励んでいこうと思います。

暇になると、自分の内面と向きあう

時には休むことで、新たな道が見えてくる

 

突然の4日間の休みができてしまった。

 

4日間も休みができてしまい、何をしようかと思ったものの、

これといった具体的なプランがあるわけではなかった。

 

4日間の暇であったことが結果として、

自分の時間も持てたし、子供と過ごす

時間が増えてよかった。

 

そして、自分の今後どの方角に向かって進んでいけばいいかが、

以前よりもはっきりしてきた。

 

時には何もせず休むことが、自分の内面とつながり、

自分の無意識の価値観が浮き彫りになることもある。

 

そして、仕事は楽しいものだと、仕事をしないことで

客観的に思えることができた。

 

仕事をするというのは、とても刺激的なものである。

 

仕事もなくだらだらするのもいいかもしれないけれども、

このダラダラもバリバリ働いて、定年になり死ぬまで

やることがないとなると、それはつまらない。

 

自分が社会と繋がっていないという思いを抱き、

定年になり仕事がなくなると、

退屈なのだろうなと想像することができた。

 

これまで4日間も休むことが久しぶりであり、

何度か暇だなーと思うことがあった。

 

忙しい時は、暇であることが恋しくなる。

 

さて、今日からまた忙しくなる。

今を楽しむ、マインドフルネス思考で、

感謝を持って過ごしていこう。