自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

芸術

人は誰しもがアーティスト

人は誰しもがアーティストであり、自分のうちなる衝動、表現欲を外に 出していくことをしているかどうかである。 アーティストというと、偉大な作品、人から賞賛を受けるような作品を 作らなければならないとつい思ってしまう。 そうではなく、自然と絵を描…

音楽は人生の薬だ

音楽は不滅である 人間の生活、文化において不滅なもの、それは音楽。 音楽と人とはどんなに未来になり、テクノロジーが発達しても廃れることはない。 そもそも今だに長く聞かれているクラッシックは、いつ聞いても色あせることなく、聞かれている。 音楽は…

人は誰しもがアーティスト。創造性を持っている。

人は誰しもがアーティスト 誰もが創作意欲、何か自分を表現したいと言う 思いを持っているんだと思います。 だから小さい頃なんて、絵を描いたり、 色鉛筆、クレヨンで色を塗ったりするのが好きなんです。

オランジュリー美術館の印象派の絵画

パリの美術館を訪れるとすれば、 ルーブル美術館、そしてオルセー美術館。 次に行くとすれば、オランジュリー美術館 ではないでしょうか。 この3つの美術館は、いずれもセーヌ川沿いに 面しており、左岸にはオルセー美術館。 右岸にルーブル美術館とオラン…

絵画が最近やっと面白く感じられるようになって来た

絵に関して、最近やっと面白いなと思えて来ました。 これまで美術館に訪れると、自分がこれまで美術の教科書で出て来た 絵画や見たことある作品に、ああ、これ知っている。 これが本物だ。という感じの見方をしていました。なんというか、確認作業。 本当に…

人は誰しもがアーティスト

本来、人は誰しもがアーティストであり、芸術性を持っているんだと思います。 ただ、問題となるのは、自己限定。自分で自分自身の可能性を潰している、自分を信じ切れていないことが、阻害要因。 自分がアーティストだと思えるようになるのは、 何かしらきっ…