自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

この地球、アポロ11号の月面着陸から50年を迎え

アポロ11号の月面着陸からの地球

 

世界を見渡してみると、毎日のように様々な出来事がある。

 

世界中が平和で、本日はネガティブなニュースがありません、

いいことばかりのニュースですとはなかなかならないものだ。

 

中東、アフリカ中央、中南米付近はまだまだ紛争、ギャング、国同士の

争いが絶えない。

 

この世界はカオスのようでもあり、さて一体この地球はどうなるのだろうか

とも思ってしまう。

 

もうすぐアポロ11号が月面に着陸から50年を迎えるそうだ。

半世紀前に月に到着したわりに、人間同士の関係は劇的に変化したとも

言い難い。

 

今だに宗教の違い、民族の違い、肌の違い、国家の違い、性別の違いによる争い、

差別が絶えない。

 

 

これらの問題を解決するキーワードとしては、多様性を認めることだと思う。

いうならば、寛容の心。

 

皆それぞれ違う、けれども皆同じ人間。

 

この思いが大切でもあり、この考えを皆が受け入れたら、

この地球はもっとよくなるに違いない。

 

そんなことを月から傍観したと想像して、地球のことを

考えても良いかもしれない。