自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

なぜ皆つまらなそうに生きているのだろうか?

f:id:jpthingmr:20181023120957j:plain

 

日本に来てからというもの、

ある一つの疑問がずっと頭に残っていました。

 

なぜ多くの日本人は、

皆つまらなそうに行きて、

あまり生き生きしていないのだろう?

 

という疑問があったんですが、

今朝目覚めたら急になんだかわかった気がしました。

 

それは、

 

現代の私たちのマインドが以前と変わり、

自分の精神にフォーカスするようになって

来たのに対し、

社会システムが20世紀型のモデルのまま

 

 

そこにズレがあり、システムが変わらない中で、

日本人のマインドが変わって来たのに、

適応していないからなんだなと気づきました。

 

もう少し噛み砕いていうと、

 

これまでの20世紀は、物質主義。

お金、家、車などモノが手に入れば満足

する事ができていたんです。

 

そして、戦後の日本、何もない状態、

ゼロからのスタートで経済が発展して行き、

働けば働くほど、どんどん豊かになっていく。

 

その後も経済成長が続き、今よりも

ずっと未来に対しても前向きな未来を

確信していたんだと思います。

 

世界でも日本企業が賞賛を受け、

日本企業はナンバーワンだという本、

特集が組まれ、日本企業が世界の総合

ランキングでも上位を独占するような状態

が続きました。

 

その後、バブル崩壊。

 

それから徐々にこれまでのようにいかなくなり、

下降を辿っていくわけです。

 

けれども、これまでの過去の成功体験を

忘れる事ができずに、経済システムを変えること

なく、世界は刻々と変化しているのにも

関わらず。

 

 

以前は長時間働けば働くほど、成果が

出て、会社の業績も上がり続けていた。

 

そんな以前からの出来事が習慣ともなり、

残ったのはこれまでの成功モデル。

 

良い大学に行き、良い会社に入るのが

人生が順風万般であり、何も危険がない。

 

その20世紀型の成功モデルを今も

引きずっている、これが元凶。

 

 

今では徐々に日本の大企業に

入ったからと言って、会社の

業績が毎年伸びるわけでもなく、

会社が潰れたり、吸収合併されてしまう。

 

精神的に病んでしまう人も多く、

何が幸せかというのがわからなくなって来ている。

 

以前は、この道を通れば、幸福があると

信じていたモデルが崩壊してしまったこと。

 

それなのに、人は自分から思い切り

自分の人生を生きようと決意することなく、

これまでのモデルの中で生き続けてしまっている。

 

どうやって自分のやりたいこと、

夢を叶えていくのか知らないまま大人に

なってしまった

 

そして現在、人はどんどん進化していくもので、

これまでの物質主義から、精神主義へと移行

している中で、自分らしく生きる事が無意識にも、

できてない事、満たされていないことに気づいて

いる、もしくは以前より敏感になっているんだと

思います。

 

 

あまりモノに以前ほど価値を見出せなくなっており、

これで良いのだろうか、人生に満足できないと

多くの人が気づいて来たんだと思います。

 

この傾向は日本の若い人に顕著に

現れています。

 

東大生の就職したいランキングは、

今では日本の大手企業ではなく、

ほとんどが外資系企業。

 

www.sankeibiz.jp

 

また、日本では近年車が売れなくなって来ているようです。

若者の車離れが一つの表れだとも言えます。

 

crediblecar.life

 

 

日本は低欲望社会になっており、

この辺りの現象は、従来の経済学では

説明ができない現象のようです。

 

 

私が思うに、これは人々が徐々に

精神に目を向けるようになったんだと

思っています。

 

 

この前、飲み会で話していた話題で、

今では、良い大学まで行くように

した方がいいけれども、その後の

いわゆる正解がなくなってしまった。

 

という意見があり、確かになーと

納得しました。

 

そんな中、これからの時代、

 

キーワードとなるのが、

自分らしくいれること

 

これが大切であり、自分らしく

いれる職場環境がある場所が

魅力的でもある。

 

フリーランスの人も増えており、

会社に所属しない人も増えて来ています。

 

そして、自分が好きだと思う事を

仕事にするようにする事

 

この辺りが、今後の働きからの

キーとなる事だと思います。

 

次回、その辺掘り下げたいと思ってます。