自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

スポーツ世界の勝ち前け

最近めっきりとスポーツに興味がなくなってきました。

 

この前のWカップは例外として。

毎週のようにバスケはしているんですが、

スポーツは確かに、楽しい、体を動かして、ストレスの発散にもなります。

 

けれども、少し違和感があり、そこに勝ち負けがあること

 

勝者は気分がいいけれども、敗者はやはり負けた悔しさや、

惨めな気持ちにもなってしまう要素があるからなんだなと、

思いました。

 

競争原理が付きまとい、勝者がいれば敗者もいる世界

 

 

この前の日本とベルギー戦でも、やはり試合直後は観ていて、

負けたことで残念な気持ちになり、少し観なければよかったかなとも、

思ったり、後悔しないのを信条にしているんですが。。

 

スポーツは、ある種一種の戦争のような要素もあり、

どちらかが勝ち、どちらかが負ける。

 

そして、まだまだこの世の中も、勝ち負けの世界で満たされている。

この勝ち負けの世界も、20世紀型の生き方なんだと思っています。

 

これからは、勝ち負けではなく、皆が楽しく、ワクワクを追求

できる時代が必ずやってくるんだと思います。

 

 

自分が好きなことを追求することができ、そんな時代をより早く、

実現したい、そしてそこに自分が加わって行きたいなと思っていました。

 

今日たまたまツイッター読んでいたら、

 

gendai.ismedia.jp

 

こんな記事上がり、まさに実際に昔から考えており、体現している

人がおり、単純にすごいなと思いました。

 

そして、こういった考え方の人が、これからの社会で活躍

していくんだろうなと。

 

どんどんこういった考えの人が増えていくことで、日本も

旧来の20世紀型の勝ち負け資本主義思想から脱却し、新たな21

世紀社会へと向かっていけるよう、自分ももっと輝いていきたい。