自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

生後3ヶ月後の子供からの学び

f:id:jpthingmr:20180823163231j:plain

 

子供が産まれて3ヶ月が経過しました。

 

3ヶ月も子供と一緒にいると、確かに

慣れてきました。

 

以前、子供が3ヶ月経つとラクになると

聞いていました。

子供自体は、お腹が空くと泣くし、

以前とあまり変わりはない感じです。

 

一番の要因は、やはり慣れたこと

これに尽きると思います。

 

子供が産まれたばかりの頃は、

何もかもが新しいことだらけで、

買い物するのも一苦労、バスに一緒に

乗るのもエネルギーを必要としていました。

 

最近、やはりそういった事も慣れてきました。

 

そして、だんだんと笑うようにもなり、

ウーウー唸りがなら、コミュニケーションを

取ろうとしているような感じがします。

 

私も喋りかけるようにはしており、

英語、フランス語、日本語で話しているので、

子供には訳がわからない状態かもしれません。

 

今週には英語のテストがあるので、

スピーキングの練習相手としても、

付き合ってもらっています。

 

それにしても、子供を観察していると

面白いもので、子供は常に今に生きている。

 

人は生れながら本来は、マインドフルネス

の状態なんだなと。

 

もちろん、まだ思考することができないので

過去や未来を思うこと自体できない

からかもしれないけれども、

今を生きるいい手本だなと、ちょっとした

自分のマスター、師匠のようなものです。

 

子供のように今を生きるのが理想

 

まだまだ多くの人が、過去を後悔し、

未来を憂いてることで、エネルギーを

消耗しているんだと思います。

 

私もまだまだですが、なるべく過去は

後悔しないようにする。

 

そして、未来を憂うことなく、

今この瞬間を生きるべく、

意識的に今にフォーカスしていこうと、

子供を見ながら思った次第です。