自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

イブサン・ローランの美術館のイブサンの仕事部屋を覗く

f:id:jpthingmr:20180521223100j:plain

昨日パリのエッフェル塔近くにある、16区のイヴサン・ローラン美術館を訪れてみました。

museeyslparis.com

 

一度、モロッコのマラケッシュを訪れた時に、イブサン・ローランの
晩年に過ごした家を訪れましたが、とてもお洒落で、さすがイブサン・ローラン
だと思っていました。

 

 

 

jpbon.hatenablog.com

 

 

 

 

この美術館は、彼がパリで過ごしている時に、仕事場として使われていた場所を、

そのまま保存して、美術館に建て替わったものです。

 

この美術館で一番興味を引いたのが、実際に彼が仕事場として過ごしていた
場所を見れたことです。

 

 

その現場が、写真としてブログの一番上に載せています。

率直に言うと、世界的に有名になったブランドも、この部屋で彼のアイディアが
形になり、発信されて、世界的にも有名なブランドへと成長したんだなと言うのが、

実際に自分で訪れてみて思ったことです。

 

 

なにも、優れた作品を作るのに、特別な場所で、豪華な部屋、スペシャルな装置が
必要なわけではなく、その人の持っている才能、スキル、情熱がアイディア、

形となればいいんだなと思えたことです。

 

 

だから、別に自分の部屋でも世の中にインパクトのあることで、

できてしまうんだなと思えたことが、一番の収穫だと思います。

 

 

まして、今は21世紀、自分がやりたいことなんて、簡単に発信でき、

実現も簡単な時代になっているはずです。

 

自分の可能性を信じて、それに向かってパッションを持ちながら突き進めば、

ことは成就できるんじゃないのかなと。