自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

フランスから日本に戻ってから1年が経過しようとしている

もうすぐ日本に住んで1年が経過しようとする

 

パリで3年間生活して、あんなに日本に戻りたくないと

思ってから9月24日で1年が過ぎようとしている。

 

振り返ってみるとあっという間であり、実際に日本。

とりわけ東京に住んでみてどうかと思うと、悪くない。

 

むしろ快適ですらある。今、パリに戻りたいかというと、

正直しばらくはいいかなと思う。

 

東京がめちゃくちゃいいから、そんな風に思うのかというと、

わからない。

 

けれども大きな理由として、子供がいることである。

今は、保育園も家から数分の場所にあり、親も忙しい時には

助けてくれる。

 

何も、海外に行ってサバイバルする必要もないなと思う。

 

東京は住んでみると、悪くない。

自然が少ないし、公園でリラックスできるような場所が少ないとは

思うけれども、便利であり、何か買い物で困ることはない。

 

日本には変な人がたくさんいると思ったけれども、

この1年間住んでみて、変な人がいるわけでもなく、

仕事で携わって人もみな、親切でサンパであった。

 

もはや働き方改革のためか、

以前ほどみなが行きたくないけれども会社に行かなければ

ならない、負のエネルギーが漂っていた電車内も

様子が変わった気がする。

 

みなおもいおもいにスマホをみて、自分の時間を楽しんでいるように

思える。

 

しばらく日本にいないあいだに、全てが変わってしまったのだろうか。

いまだに少し浦島太郎のような気持ちでいる。

 

そして、フランス語はめっきり使うことがなく、急速にフランス語力

が低下しているのがひしひしと感じる。

 

日本に戻ってきた直後は、フランス語を今後も続けていこうと、

ネットでフランスのニュースを見ていたりしたけれども、

今ではほとんど見ることはない。

 

むしろ、Netflixで以前人気だった連続ドラマ「ロスト」にはまり、

毎日ロストを見ている。

 

今では、海外にいようがいまいが、家でNetflix見たり、スマホで

大半の時間を過ごしたりしていて、あまり場所が重要ではなくなって

きたのではないかとも思えてしまう。

 

なにはともあれもうすぐ、1年が経過しようとしている。