自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

キューバ・ハバナに訪れて考えたこと


キューバは、これまで訪れた国の中でもとりわけユニークな国であった

f:id:jpthingmr:20190829081806j:plain

キューバ・ハバナの海辺の夜明け。(c)Junpei Tanaka


 

f:id:jpthingmr:20190806061239j:plain

キューバ・ハバナの市立博物館(旧総督官邸)を訪れる女性(c)Junpei Tanaka

 

タクシーの運転手のおじさん曰く、

 

この国は教育が無償で、病院も無償、税金もない、食料の配給もあるとのこと。

 

それだけ聞くと、実は理想的な国家であり、そんな国があるなんて知らなかった。

f:id:jpthingmr:20190811134321j:plain

キューバ・ハバナ、壁に描かれたチェ・ゲバラ。(c)Junpei Tanaka

実際に訪れてみると、経済的な発展はしていない。

 

けれども、経済発展が進めば、

幸福になるという考え方は20世紀の考え方でもある。

 

f:id:jpthingmr:20190811134312j:plain

キューバ・ハバナの通りに駐車してある車。(c)Junpei Tanaka

 

物質的に豊かになっても、心が満たされなければ満足のいく生活、人生を

過ごすことができない。

 

旅行者からみると、キューバの人々はたくましく生きているようにみえてくる。

 

チェ・ゲバラやフィデル・カストロの思想が影響しているのか、それはわからない。

 

f:id:jpthingmr:20190829081928j:plain

キューバ・ハバナの大通りを歩く人々。(c)Junpei Tanaka

けれども、日本とりわけ東京に住んでいると、経済的な繁栄すれば

いいというわけではないなということが、この国を訪れて気付かされた。

 

 

f:id:jpthingmr:20190829081825j:plain

キューバ・ハバナのお店の店員と少年。(c)Junpei Tanaka

 

僕たちは、そろそろこの資本主義社会から脱却へ向けて、少しづつ動き出している気がする。

 

そんなことをキューバに行った時に、考えた方でもある。