自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

キューバ・ハバナに到着

キューバ・ハバナに到着

 

f:id:jpthingmr:20190806061033j:plain

キューバ・ハバナの通り(c)Junpei Tanaka

 

キューバのハバナ空港へ到着すると、湿気があり暑かった。

中南米に到着したなと実感。

 

物価が安いから、日本円で2万円で足りるだろうと思い、

空港の両替所で、日本円から現地の通貨に両替した。

 

 

f:id:jpthingmr:20190806060833j:plain

キューバ・ハバナの通りを歩く人々(c)Junpei Tanaka

タクシーを既に予約していたので、空港からホテルまでタクシー

で向かった。外の景色を見ると、どこか東南アジアの都市部から少し離れた

ような、農村に近い景色。

 

これは、発展途上国に来たなと言う実感。そしてキューバの名物の

クラシックカーが普通に道路を走っており、キューバに来たなと

納得。

f:id:jpthingmr:20190806061015j:plain

キューバ・ハバナの通り(c)Junpei Tanaka

 

到着し値段を聞くと、日本円で約3500円ほどした。

完全にぼったくられると思い、やられたと思いました。

 

30分もしないで、こんな値段はあり得ない。

(実際は、空港から中心部のホテルの値段はこれが相場だと後から知りました)

 

それに、到着した場所が、道があまり舗装されておらず、

道端に人がたくさんいたり、建物の上から人が見てきたり、

しかも建物はかなりボロく、着いて唖然としてしまいました。

 

ここがホテルのはずがない、何かの間違いだ。そう思っていましたが、

どうやらここらしい。

 

f:id:jpthingmr:20190806060954j:plain

キューバ・ハバナの宿泊先のベランダから見た風景(c)Junpei Tanaka

こんな場所で、1歳の子供が3泊もできるのだろうか。

 

そんなことを真面目に考え、来た夜は、キューバを選択したのを

間違えたかもしれない、と本当に思いました。

 

今でもあの時のショックは鮮明に覚えています。