自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

海外では寿司パーティーは強力なツール

昨日は、日本食しか食べない1日でした。

 

まず、昼食を奥さんの友達とうどんを食べる。

パリで1、2番に美味しいうどん屋。

日本にいても美味しいと思えるうどんでもあり、

いつも行列ができています。

 

www.kunitoraya.com

 

そして、会話は続き、デザートでも食べようかと、

近くのどら焼きやへと向かいました。

 

TOMOというどら焼きを中心とした和菓子が

提供されており、かなりオシャレな内装にもなっています。

Patisserie TOMO

 

日本人からしたら値段を見ると、メチャ高!と思うかもしれませんが、

日本でこのどら焼きを食べても美味しいと思えるレベルであり、

海外でこの味を作り出すのは素晴らしいです。

時間にして約3時間ぐらい一緒に過ごし、その間

ずっと英語だったので、終盤は頭が朦朧としていました。

 

 

そして、夕方には私たちが中国人の友人を呼んで、

寿司パーティーをしました。

天気も良かったので、パレロワイヤルという、

いかにも西洋的な場所で、家で寿司を作って、

手持ちで持って行きました。

 

www.domaine-palais-royal.fr

 

結構この寿司外交は、いつも好評でもあり。

日本人が作った寿司というただそれだけで、喜ばれます。

 

パリにも寿司屋は多数ありますが、

中国人が経営する寿司屋が大半を占め、

何度か行ったことがありますが、コメがゴムのように硬かったり、

日本で寿司を食べてる人にとっては、いまいちな

お店ばかりです。

 

パリで寿司を作るとすると、基本的にはサーモン、

そしてマグロ。頑張ればタコでも作ることはできます。

昨日の私の作った寿司は、サーモン一色でした。

 

改めて思ったのが、自分から主体的に友人を呼びかけて、

ピクニックをするっていうのは、なんだか充実がします。

 

パリでは家に人を呼んで、いわゆるパーティーをするという

文化があり、私の下に住んでいる人もしょっちゅう人を呼んでは、

楽しそうな声が聞こえて来ます。

 

パーティーといっても、料理の質はそこまででもなく、

スーパーで買ったお惣菜いやチップスなど、あまり料理には

時間・労力を費やしているわけではなく、簡単に準備する

スタイルです。

 

こうやって人を呼んで、友人たちと楽しく過ごすというものは、

やはりいいものです。

私は日本にいるときは、人を家に呼んで、パーティーをするなんて、

一度もやったことはなく、居酒屋に集まって飲むという

スタイルでした。

 

結構いいです、パーティースタイル