自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

写真技術を上げるために、センスを上げていく

本日髪を切りに、美容師さんのとことへ行きましたが、

そこで美容師さんとセンスについて話しました。

 

写真を見ていると、この人はセンスがある、ないというのは写真を見ると

簡単にわかってしまいます。

 

 

不思議なものでセンスがある人の写真は、やはりいい写真撮ります。

なので、いかにしてセンスを上げるというのが、至極命令でもあり、

つね日頃、自分のセンスを持っと上げたいな〜と思っています。

 

このセンス、ヘアースタイルでも同様であり、基本的な技術を学んだ後は、

その人の経験、その人のセンスでヘアースタイリストとしての腕が決まるようです。

 

なので、トップレベルの人のヘアースタイリストさんの作品は、

見ればその人がやったとわかるようです。

 

そして、いかにヘアースタイリスト、写真家として確固たるものにしていくかは、

作品にその人らしさを出せるか、独自のスタイルを確立させていくかが鍵でもあ
るようです。

 

このこと自体は、それ以外のすべてのことに当てはまると思いますが、

いかにしてオリジナルを出すかだと思い。

 

 

私自身も、この自分らしさを出すすべく、写真を撮っています。

この自分らしさは、やはり圧倒的な量をことで、らしさが出てきて、本人が
意識するしないに関わらず、実は自然と出てくるのだろうと思います。

 

そのためには、まずは実践、経験。

観阿弥世阿弥でいう守・破・離の経験を積んで、守りから破るへと移行

することが、現時点の私の目標でもあります。

 

 

天才!  成功する人々の法則

天才! 成功する人々の法則

 

 

この著書では、圧倒的な結果を残す人は、1万時間の法則というものがあり、

1万時間あることを継続することで、結果がでてくるということが述べられています。

 

つまりは、まずは圧倒的な時間を費やすこと。

 

 

これこそが、最初に言っていたセンスを上げることにも繋がるんだろうなと

思いました。

 

なので、センスを上げるべく、どんどん写真を撮っていきたいです。