自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

音楽バンドの写真を撮るという課題

 

 

f:id:jpthingmr:20180512013154j:plain

 

学校の課題で音楽バンドの写真を撮る課題が出されました。

ライブ中の活動写真ではなく、ポーズをセッティングし、

写真を撮る、しかも室内ではなく、外で撮るという課題。

 

f:id:jpthingmr:20180512014053j:plain

 

これを聞いたときに、さすがに無理だなと思いました。

新たに何かを始めるときに、必ずやってくる観念、自分にはできない、

やったことはない、怖い。

 

そういった感情が生まれたときは、新たな自分へと進化する機会であり、

チャンスでもあるわけですが、客観的に見ると。

 

f:id:jpthingmr:20180512014730j:plain

 

それにしても、そもそも音楽グループなんてまず知らないし、フランス語で数人を
同時にポージングをセッティングするなど、できるのか?

全く自信がありませんでした。

 

 

f:id:jpthingmr:20180512014816j:plain

 

その課題を出されてから、街で路上バンドをしているバンドがいないか、
探したものの1ヶ月前のパリは冬のような寒さで、路上の音楽バンドは皆無でした。

 

学校の帰り道など、探したものの見つからず、時間だけが過ぎてしまい、

さすがに今回の課題は、自分にはできないかもなと、諦めていました。

 

f:id:jpthingmr:20180512013824j:plain

クラスメートで1人だけ音楽バンドとコラボした人がおり、発表していたので、

自分もどうにかやろうと、現代のコミュニケーションツールでもあり、

Facebookから何組ものバンドに、無差別にメッセージを送りました。

 

合計して30通ほどメッセージを送り、数通返信が返ってきました。

その中でも、2通は自分の提案に承諾してもらい、1組は具体的な日程まで

確約することができました。

 

f:id:jpthingmr:20180512014020j:plain

 

このグループからの提案で、観光地で観光客に混じりながら、自分たちが

おかしなポーズをした写真が欲しいということで、観光地で撮影を実行しました。

 

 

撮影中は、なんだか全く余裕がなく、深く考えることもできなかったのですが、

終わってみると、どうにか撮れたかなという感じでした。

 

f:id:jpthingmr:20180512013136j:plain


 

いずれにせよ、課題をクリアすることができ、この難解な課題は

クラスの中でも、私を含め二人だけが成功することができました。

 

 

f:id:jpthingmr:20180512013204j:plain

写真家は、写真を撮るだけではなく、コンタクトすることも、

大切な要素の一つだと、この課題を通じて学びました。

 

f:id:jpthingmr:20180512013122j:plain