自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

海外から帰国して5日目:日常生活に刺激が欠乏

日本に戻ってからの生活五日目。

 

前日に帰国後初めての、微弱な地震を体験。

海外では一度も体験することがなかったことが、

さっさく経験できました。

 

そして、明日の早朝に来るであろう台風。

日本は災害が多い国だなと、これだけでも

感じるできことでした。

 

これから世界での日本の立ち位置は、

こういった自然の災害が多いことから、

いかにして自然と調和した生活をこれまでも

経験しており、この自然といかにも向き合ってきたかの

歴史が日本人のマインドを形成している

一つの要素かと思いました。

 

このことが世界に向けて発信できる強みでもあり、

自然との向き合い方を、リードできる強みが

あるのかもしれません。

 

話は変わって、

以前読んだ記事で海外暮らしから日本の生活・

職場に戻ると、生活に物足りなさを感じて

しまうという記事を読んだことがあります。

 

これ、現在まさに体験している最中です。

 

日本に帰国してからというもの、英語を

使う機会が全くありません。

 

海外に暮らしていると、日々外国語を

使いながら暮らしており、日々がサバイバルです。

 

この人は何を言っているんだろう、

どうやったらうまく説明できるだろうか。

 

この単語よくわからない、

周りの人が何を言っているのだろうか。

 

日々外国語の訓練を受けている

状態でもあり、気楽ではないものの、

適度な負荷がかかっている状態で日常を

過ごしています。

 

日本での生活へと戻ってしまうと、

そう言った言葉のトラブルが一切

なくなってしまい、精神が弛んでしまいます。

 

なんだか、物足りなくなってしまい、

あの海外での生活が懐かしくなります。

 

それにしても、日本人が英語ができない

と言われるのも、改めて日本で生活して

納得しました。

 

まず、英語に触れる機会が全くない。

これでは英語を伸ばすことなんて、

不可能です。

 

巷にある、毎日10分英語なんて勉強しても、

やらないよりマシですが、だからと言って

この短時間の継続学習では全くもって

不十分と言えます。

 

まずは、日本に住んでいる外国人と

知り合い、友達になることだと思います。

 

そこからどんどん友達の輪を広げて、

交流関係を広めていくのが、

いいのではと思います。

 

と言っても、私も日本ではほとんど海外の

友人がいないので、これからどうにかして

友人増やしていこうと思っています。

 

その辺りを、今後ブログで共有できたらと

思います。