自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

以前から行って見たかったボルドーの街を訪れた

f:id:jpthingmr:20180930162905j:plain

 

フランスを出国する前に、

以前から訪れてみたいと思っていた

ボルドーに行くことができました。

 

f:id:jpthingmr:20180930162756j:plain

 

パリの南に位置するモンパルナス駅から、

約2時間の電車でボルドーに到着して

しまいます。

 

 

f:id:jpthingmr:20180930162757j:plain

 

そして、電車代も安く往復1人100

ユーロもかかりませんでした。

 

f:id:jpthingmr:20180930162759j:plain

 

電車の窓から見える景色は、

パリの都会の街並みと対照的

に、フランスののどかな田舎の

景色。この景色を見るだけでも、

電車に乗って見る価値はあるかも

知れません。

 

f:id:jpthingmr:20180930162801j:plain

 

ボルドーに到着し、まずは宿へと

荷物を下ろすことにしました。

 

f:id:jpthingmr:20180930162814j:plain

 

ボルドー旅行をしようと決めてから、

出発前の約2週間前にホテルを

探し出しました。

 

f:id:jpthingmr:20180930162821j:plain

 

9月中旬、まだブドウが収穫される前

だけあってか、結構宿は埋まっており、

Booking.comの評価が高く値段が安い

宿を探したものの、1泊100ユーロ

するような値段で、結構割高でした。

 

f:id:jpthingmr:20180930162816j:plain

 

ホテルを外から見るとかなり小さな家

のように見え、最初は驚きました。

 

f:id:jpthingmr:20180930162825j:plain

 

ホテルの中に入って見ると地下にも

部屋があるようで、ボルドー

地下に部屋があるのが一般的なの

でしょうか。

 

f:id:jpthingmr:20180930162832j:plain

 

さて、荷物を降ろし、早速ボルドーの街の

中心地へとトラムで移動。

 

この街、ボルドーの特徴として、

トラムがしっかりと整備されており、

街の移動が簡単であること。

 

f:id:jpthingmr:20180930162818j:plain

 

そして、美しい街並み。

この美しい街並みは、

ジョルジュ・オスマンによって、

大規模に都市が改造され、

今の美しいと言われるパリに変貌したのと

同様、ボルドーでも彼によって

美しい街並みへと変貌しました。

 

f:id:jpthingmr:20180930162914j:plain

 

そのため、ボルドーの美しい街並みは、

彼の功績によるものと言えます。

 

f:id:jpthingmr:20180930162910j:plain

 

ブルス広場は、世界一大きな水鏡が見られる

スポットでもあり、夜に写真を撮影すると

とても美しい写真が撮れます。