自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

パリのteam labのイベントへ訪れて

パリで開催されているteam Lab の展示会へ足を運びました。

 

www.team-lab.com

 

パリの北のほうに位置する、Villette公園の建物内に展示スペースがありました。

Welcome - La Villette

 

土曜日に訪れたこともあり、多数の子供づれの家族で展示会で埋まっていました。

音と光、そして映像がキレイで、かつ日本的な要素も含まれており、幻想的な

空間が作られていました。

 

この会場へ行くまで、バスを2本乗り継いで来ました。

私が住んでいる場所はパリの中央に位置している場所になります。

このバスの移動中パリの中央から北へと景色を見ていたんですが、

改めてパリの景色を見ると、一概にイメージするようなパリの景色は、

ある特定の地域に集中しています。

 

基本的にはパリのセーヌ川周辺の地域は、いわゆるパリのイメージの

建物も多数がオスマン調で整えられています。

 

そのセーヌ川の中心から外れた外側になると、統一感がなくなり

新しい建物やお店がごちゃごちゃしており、喧騒的な街並みになります。

 

それに比例して、移民系の割合も多くなり、アフリカ系、インド系、中東系の

人などが増えていきます。

 

さらにパリの外側18区19区になると、どんどんカオスになってきており、

ここはどこなんだ?パリなのかと思われるような感じになります。

そして、EUの現在の問題となる難民の人も結構いる状態です。

 

初めてパリにきた人にとっては、結構驚くような状態だとも言えます。

 

一口にパリといっても、訪れる場所により雰囲気が全く異なります。

それはそれで、パリの面白さでもあります。

 

なので、昨日はバスに乗りながらパリを中央から北へ横断し、

まさに場所によってこんなにもパリって違うんだなーと景色を

眺めていました。