自ずと道はbonheur〜♪

出来事、旅、備忘録がてらブログに投稿しちょります。カメラ写真も

パリの20kmラン

パリに大勢のランナーが集結

f:id:jpthingmr:20171010042715j:plain

10月8日、日曜日のパリエッフェル塔タワーがスタート地点となり、20キロランが行われた。20キロだからマラソンではないわけであるものの、多くの人が参加した大きなイベントだった。

 

自分は今回も学校のジャーナリストの授業の課題で取って来いと言われていたので、撮ることにした。この宿題がなければ、このイベントのことを知る由もなかった。

 

f:id:jpthingmr:20171010042906j:plain

 

このコース、とりわけ走ることが好きな人は、パリの景色を楽しめるようにできているコース。走るためにパリに来てもいいんじゃないかと思う。

コースは、エッフェル塔凱旋門セーヌ川コンコルド広場→ルーブル美術館といった具合に設定されており、走りながらパリの主要観光地を見ることができる。

 

f:id:jpthingmr:20171010043306j:plain

 

20キロ走と、フルマラソンに比べると距離が短いため、老若男女問わず、様々な人々が参加したイベントだった。

 

f:id:jpthingmr:20171010043048j:plain

 

最初は、スタート地点付近で写真を撮っていたので、人々の表情は割と余裕そうであり、これから走ってやるぜといった感じの表情でだった。

 

f:id:jpthingmr:20171010043032j:plain

 

 

しばらく取った後に、終盤の地点とも言える、セーヌ川沿いの橋を渡り折り返す地点で、写真を撮っていると、結構みな苦しそうな顔をしていた。

 

 

f:id:jpthingmr:20171010043219j:plain

 

写真を撮るときは面白いもので、苦しそうな表情をしている人の写真を撮るときのほうが、なんだか心が動き、一人一人の表情が美しいと思ってしまう。そして、同時に頑張れと励ましたくなるような気持ちになった。

 

 

f:id:jpthingmr:20171010043053j:plain

 

なかには、仮装した格好もいたり、右手にワイングラスを抱えている人、なぜかセグウェイに乗っている人もいたりと、様々で仮装パーティーのようでもあった。

 

f:id:jpthingmr:20171010043258j:plain

 

f:id:jpthingmr:20171010043621j:plain

 

なんだか写真を撮っているうちに、走っている人がうらやましくなり、自分も走りたくなってきた。来年、もしくは次に走る機会があったら、出場したい。

 

 

f:id:jpthingmr:20171010043649j:plain

f:id:jpthingmr:20171010043709j:plain

 

走っているお母さんを、橋で待っていた子供たちが応援し、話しかける姿がなんとも微笑ましい。走ることは、いいな

 

そんなことを思えたパリ20キロラン。