読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

イタリアのナポリへと、ローマから車で向かうことに〜その11〜

f:id:jpthingmr:20170110071134j:plain

夕方にローマからイタリアの南のナポリへと向かうことに。

 

ローマからナポリまでは少し距離があるので、ローマで持ち帰り用の

ピザを購入して、いざ出発。

 

だんだんと日が沈んでしまい、車から外を見ると真っ暗な夜となり、

ナポリは治安が悪いというイメージがあり、なんだかんだ大丈夫かな

という一抹の不安を抱きなが運転しました。

 

 

しばらく運転していると、雨も降り出し、一層の不安が。

 

 

約4時間近く運転し、いよいよナポリへと。

 

高速を降りて、ナポリ市内へと入って行ったのですが、かなり道が悪く、

ぼこぼこしており、しかもメインの道が全体的に工事しており、脇道を

通らなくてはならなく、はっきり言って悪路でした。

 

外を見てみると、なんだか以前旅行で行ったエジプトを思い出すような

雰囲気を醸し出しており、この都市は経済で潤ってないなというのが、

皮膚感覚でわかりました。

 

ちょっとしたことでクラクションを鳴らしており、至る所から

プップ、プップと。これぞナポリだなと。

 

どうにかホテルに到着、一度荷物をホテルに預けました。

 

 

駐車場が付いていないようで、近くの駐車場へ止める必要があり、

やはりナポリに車を路上に置いていると、やばいなと思い、建物の

中の駐車場を探し、そこに車を預けました。

 

 

イタリアの北部の人は英語が結構通じるのですが、南部になると

結構英語も通じず、お互いジェスチャーなどを交えて会話してました。

 

 

お腹も空いたので、夜ご飯をナポリで食べることに。

ピザも良かったのですが、韓国の友人から勧められてレストランへ

向かうことにしました。

f:id:jpthingmr:20170110071034j:plain

 

味は確かに美味しかったですが、料理人が一人であり頼んでから結構

待たされました。

 

f:id:jpthingmr:20170110071053j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170110071113j:plain

 

その後、夜のナポリの街を散歩しました。

 

 

ナポリということで、警戒しながら歩きましたが、想像した

危険なナポリというわけではなく、問題なく夜も歩けました。

 

観光スポットと思われる場所も行ったのですが、運転で疲れてしまい

写真はとれてませんでした。

 

しかしながら、どうにか無事にナポリへと向かうことができ満足です。