自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

いついかなる時も積極的思考。たとえ英語のテストの出来が悪く、フランス語のテストの出来が悪くとも。

今日先月末に受けたTOEFULの結果がネット状で開示してました。

 

試験当日も、終わった後に手応えが全くなく、全然できてないなという
思いしかなかったので、

 

テストの結果は悪いだろうと予想はしていました。

 

そして、結果を見ていると案の定点数が悪かったです。
思ってはいたものの、現実にテストの点数を突きつけられると

辛いものがあります。

 

まだ確実ではありませんが、来年にはフランスの大学院に入学
しようと考えています。

 

それもできれば、フランス語での大学院の授業ができればと思っていますし、
もしそれが無理ならば英語での授業を受けようと思っていました。

 

なので、テストの準備にまだ半年はあるから、まだまだ大丈夫といえば
大乗ですが、今回のテストの結果を見ると、英語での受験も結構難しい
んじゃないかと思わせる結果でした。

 

 

この前までフランス語の学校に行っており、毎回6週間毎の恒例の
クラス進級試験がありました。

 

これまでは毎回パスしていたものの、今回はテストが難しく、

試験を合格することができず、

 

 

英語もダメであり、フランス語もダメというテスト結果いただきました。

 

ただ、どんな時も積極的思考をモットーに、
これから半年間テストの結果を踏まえて、日々精進しかないですね。