自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

エルサレムのキリストの本拠地とも言える聖墳墓教会へ訪れてみた

f:id:jpthingmr:20170711190222j:plain

 

イスラエルエルサレムの街は、地域によって特徴が異なります。

f:id:jpthingmr:20170711181207j:plain

 

とりわけ旧市街は、観光向けのお店が多く、お店が密集しています。

話している言語も、アラビア語もしくはヘブライ語の2言語が主流です。

f:id:jpthingmr:20170711181507j:plain

お腹が空いたので、昼食を取ることに、

 

f:id:jpthingmr:20170711181211j:plain

 

フムスとファラフェルを食べました。やはりイスラエルも中東の国ということで、

アラブ系料理のお店が多数ありました。

 

安い値段で気軽に食べれるのでいいですね。

 

f:id:jpthingmr:20170711181251j:plain

その他、アラブ系のお菓子も街を歩いていると多く見かけました。

 

f:id:jpthingmr:20170711181240j:plain

 

次に向かったのが、キリスト教にとってエルサレムで最も大切な

場所である聖墳墓教会へ足を運びました。

 

聖墳墓教会 - Wikipedia

 

この聖墳墓教会、以前ここにゴルゴダの丘があった場所とも言われている場所です。

つまりは、ここでイエス・キリストが十字架に架けられ、

一度亡くなった場所でもあり、またこの近くに墓もあります。

 

f:id:jpthingmr:20170711181649j:plain

 

 

つまりは、かなりのパワースポットとも言え、私はクリスチャンでは

ないですが、それでも一度は足を運んでみたい場所でもあります。

 

 

f:id:jpthingmr:20170711181727j:plain

 

 当然多数の観光客が訪れています。

 

f:id:jpthingmr:20170711181741j:plain

 

 この教会の中は、各宗派によって保管している領域があるようで、

ここは何々派、ここからは何々派とあるようです。

 

f:id:jpthingmr:20170711181723j:plain

 

この辺りで香油をかけた場所であり、近くに壁画があり、すぐ近くに実際に

使われたとされる板もありました。

 

f:id:jpthingmr:20170711181812j:plain

 

多くの信者の人が、触れています。

 

f:id:jpthingmr:20170711182304j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170711182208j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170711182328j:plain

 

様々な装飾が施された壁画、床、そして石版のようなものがありました。

f:id:jpthingmr:20170711181759j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170711182320j:plain

 

そして、これがキリストの墓と言われている場所です。

 

f:id:jpthingmr:20170711190246j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170711190136j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170711190224j:plain

 

以前はこの墓の中に入ることができませんでしたが、近年になって

公開されたようです。

 

 

そのため、多くの人がこの墓に訪れており、入るのに待つ必要があります。

 

f:id:jpthingmr:20170711190306j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170711190802j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170711190847j:plain

 

やはり信者にとっては、ここは本当に大切な場所であり。

中には何か必死で頼みごとをしている人や涙を流している人もいました。

 

f:id:jpthingmr:20170711190925j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170711190933j:plain

 

 

一通り見てから、教会を出てみると、すぐ近くにはイスラム教のコーラン

呼びかける塔が目の前にあり、これほどにも近くにあり驚きました。

 

f:id:jpthingmr:20170711190755j:plain

 

エルサレムは宗教問題とは切っても切れない場所でもあり、

その一端をこの図からも読み取ることができました。

 

 

エルサレムは、やはり一度は訪れる場所だと思った次第です。