自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

大学の卒業論文を提出終了

今回も、写真はないですが。
ようやく大学の卒業論文を提出することができました。

 

それにしても長かった〜この通っていた大学は、
100%オンライン大学であり、世界中どこでも受講ができるというのが売りでした。

 

日本の社会人として働いている時から、仕事をしながらインターネットで
受講していたのですが、確かにあの頃は忙しかった。

朝起きたら授業受講、会社行くまでの通勤時間も受講、会社から家に
帰る前までの電車でも受講。家に帰って夜ご飯を食べてから課題に取り組み、

勉強。

 

こんな生活をしていて、毎日があっという間に過ぎていく中、

学生同士て飲み会や大学のイベントに結構参加していたので、
異なるバックグラウンドの人たちと知り合う機会があり、

非常に刺激的な機会を大学に入ったことで得ることができました。

 

今振り返っても、大学に入って良かったことは、大学の学生と
知り合うことができたこと、これが一番大きな収穫だと思います。

 

そんな感じで、仕事と学業をしながら、3年目には結婚し、

そしてパリへと行くことになりました。

 

しかし。パリに来てからは、大学の友人たちと直接会う機会が
全くなくなり、オンライン授業であり、もともと個人で取り組むものであるから、

距離は関係ないとも言えるのですが、結構孤独を感じました。

 

英語の授業は大学のカリキュラム内にあるものの、

当然日本語で授業が行われる授業はあり、

せっかくフランスに来て、フランス語、英語の勉強をしているのに、

日本語で勉強をするとなると、語学力がつかないこともあって、

学校の授業に全くモチベーションが上がることがなく、

急に受講スピードが低下しました。

そもそも語学習得だけで、日々アップアップのなか。

 

 

そして、以前に比べて少ない量の授業のコマ数へと科目を減らし、
2年間で取得した単位数はごく少量。

 

そして大学生活5年目、今年の2月に卒業論文を提出することができました。

このまま、何も問題がなけれは3月には卒業予定です。

 

大学を卒業したら何をしようか?

単純に、今の写真学校があるので、より写真にフォーカスをし、

よりGreatな写真を撮るべくして、精進するそんな感じかなと思っています。

 

なんにせよ、卒業論文やりきることができて良かった〜