自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

エルサレムの嘆きの壁へ訪問後、安息日に突入!これぞユダヤ国家

 

f:id:jpthingmr:20170713061129j:plain

 

こちらイスラエルエルサレム嘆きの壁の前です。

 

私は、この嘆きの壁聞いたことはあったものの、正直よくわかりませんでした。

Wikiを読むことで、これまでの歴史の流れを掴むことはできました。

 

ご参照に。

嘆きの壁 - Wikipedia

 

ということで、この嘆きの壁の奥にあったエルサレム神殿は、

ユダヤ人にとっても、またイスラム教にとっても重要な場所であり、

従って宗教的な問題から避けては通れない場所とも言えます。

 

f:id:jpthingmr:20170713061123j:plain

 

この嘆きの壁で、観光客も壁に触ることができるので、触ってみました。

 

f:id:jpthingmr:20170713063236j:plain

 

 祈る場所は、男女分かれており、多くのユダヤ人の信者が熱心に

祈っていました。

 

f:id:jpthingmr:20170713063302j:plain

 

 こちらが男性側。

 

f:id:jpthingmr:20170713063249j:plain

 

 こちらが女性側。

 

私が旅行した翌週には、トランプ大統領もここに訪れていました。

 

嘆きの壁を訪問した日は、金曜日の夕方でした。

金曜日の夕方の日没から、ユダヤ人にとっては安息日ともなり、

完全に仕事をしてはいけない時間帯の突入です。

 

 

f:id:jpthingmr:20170713063237j:plain

 

日没になると、ほとんどの店が閉まり出し、多くのユダヤ人がシナゴークへと

ユダヤ教によって決められた服装をして向かっていました。

 

このような宗教的な習慣をしっかりと国として守られているのも、

イスラエルの特徴とも言えます。

 

 

とは言っても、21世紀のこの時代だから、夕食ぐらい簡単にお店を

見つけて食べられるだろうと思っていましたが、本当にほとんどの

お店が閉まって、びっくりでした。

 

イスラエルに行く際は、安息日のことは忘れない方がいいですね。