読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

自分の座右の銘・いついかなる時も積極的思考。たとえ病や不運があろうとも。

f:id:jpthingmr:20160706090030j:plain

人生の指針がわからない人に、自分からアドバイスするとしたら、
それは、いついかなる時も積極的思考でいること。

このことをアドバイスとして贈りたいです。

 

日々生活をする中で、時には嫌なことや、自分はなんてついてないんだと
思うような時があるかもしれません、

でもそんな時こそ、いついかなるときも積極的思考でいることが
大切ですよね。

 

 

このいついかなる時も積極的思考という言葉は、私の中の座右の銘であり、中村天風
の常々言っていたメッセージでもあります。

中村天風 - Wikipedia

 

これは、私が人生の中の闇の中に、一筋の光として導いてくれた言葉でもあります。

この当時、私は深いふかーい闇にいました。

 

人生とはなんなのか?

生きているということは、辛く、総合的に見ると、楽しいことよりも辛いことの
多いのではないか?

自分には運がないんじゃないか?

 

キリがないくらい落ち込んでおり、思考自体もマイナス思考でした。

そんな状態で、毎日大学に通っていました。

 

当然、大学も思い描いていたほど楽しくもなく、モチベーションも上がらず、
退学も考えていました。

 

そんな中、私は自分の人生の問いに答えてくれるものを懸命に探し、
毎日本ばかり読んでいました。

 

その本の中から、誰かが答えてくれるだろうと期待して、

 

 

最終的に行き着いたのが、天風氏の人生哲学が自分の中で
もっともピンときて、そして人生とはとても素晴らしいものであり、
本来は希望に満ちたものなんだということを教えてもらいました。

 

それから、何度も辛いと思うこともありましたが、
いついかなる時も積極的思考をモットーの、クリアしていきました。

 

 

そして、今ではまさかのパリ生活。

 

そのころでは、全く想像できませんね。

人生っておもしろい。