自ずと道はbonheur〜♪

出来事、旅、備忘録がてらブログに投稿しちょります。カメラ写真も

イギリスのカンタベリーでイギリス最大の大聖堂を見学、その足でフランスへ車で帰る

f:id:jpthingmr:20160923211946j:plain

イギリス南部に位置する街カンタベリーはご存知でしょうか?

 

この街は、英国国教会の総本山でもある街であり、イギリスから巡礼を

行いに来る人が多く、カンタベリーに訪れるならば、当然カンタベリー大聖堂

訪れます。

 

そして、カンタベリーをネットで調べていると、ロードオブザリングで一躍

人気になったオーランド・ブルーの故郷でもあるようです。

 

 

ロンドンからも日帰りで行ける距離でもあり、ロンドンからのバスツアー

もあるようです。

 

カンタベリーへ向かうべく車で移動することに。

イギリスは日本と同じ、左側走行となります。ヨーロッパ大陸はイギリスとは

逆の右側走行であり、私の車も普段は右側走行となるため、運転席が左側に

なります。日本は右側が運転席ですよね。

 

そのため、日本で運転している時とも、運転席が異なる為、

運転が非常にやりづらいです。対向車との距離感覚がわからず、結構カン

で運転します。しかもイギリスの道幅が、どこも狭いです。

道幅が狭く、時々道脇にある植物にぶつかったりもします。

 

 

さて、カンタベリーへ到着し、大聖堂に向かうことに。

日差しが強く、結構クラクラしてきましたが、街並みは

古き良きイギリスの街といった感じで、時代を感じさせます。

 

f:id:jpthingmr:20160923211933j:plain

しばらくすると、お目当の大聖堂を見つけ、入ることにしました。

ロンドンもそうでしたが、イギリスは教会に入る時に、入場料がかかります。

 

 

大聖堂に入ってみると、とても大きく、さすがイギリスの最大の教会

と言われるだけあって、その辺にある教会とは雰囲気が異なります。

 

f:id:jpthingmr:20160923212223j:plain

 

 

 

f:id:jpthingmr:20160923212207j:plain

 

 

 

 

f:id:jpthingmr:20160923211848j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20160923212225j:plain

 

 

この教会、歴史も古く様々な様式を一挙に見れるということも、見どころに

なっているようです。

 

 

f:id:jpthingmr:20160923212422j:plain

 

日本人のツアー客もおり、お互い日本人とわかると、なんだか気まずくなる。

そして、ヘンな距離感になってしまう、これはなぜなんでしょうか?

 

 

 

 教会を一巡し、フランスに旅立つ前に最後のイギリスでの昼食を

カンタベリーで取ることにしました。

 

f:id:jpthingmr:20160923212510j:plain

 

イギリス料理はまずいと言われていますが、要はどんなレストランを

選び、どんなメニューを選ぶかにより、おいしい料理は食べれます。

 

以前に比べ、最近はポンドも弱くなってきており、日本から旅行を

しても、そこまでイギリス物価高!とはならなくなってきていると思います。

 

イギリスのカンタベリーから、ユーロトンネルを通るべく、

ドーバー海峡のフォークストーンへと車で行き、入国審査を終え、

車ごと電車に乗り込み、無事にフランスへと入国することができました。

 

 

こうして、無事に旅を終え、今回の目的でもあったユートロンネルを

使ってイギリスへ行くことができました。

 

そして、イギリスへ車で行くことがわかったので、また今週にイギリスへ

車で行くことにします。