自ずと道はbonheur〜♪

出来事、旅、備忘録がてらブログに投稿しちょります。カメラ写真も

語学を向上させるには、自分の認識を変えることがポイントであり。認識を変えなければ、語学は伸びない。

f:id:jpthingmr:20160619143411j:plain

自分が語学できるようになったなーと実感するためには、
何かしらの証があると実感できると思う。

 

例えば、TOEICやTOEFULで自分でもびっくりするような点数を取った時。

仕事や何かの用事で語学を必要とした時に、どうにか切り抜けることができた経験。

 

この2点から、あっ自分の語学力は伸びたんだなと実感でき、それ以降自分の
語学に対する認識も上がっていることと思う。

 

 

究極のところ、自分の語学に対する認識を変えること。

認識を変えれるようにすることができれば、語学は格段に伸びるのではないかと
思う。

 

 

かく言う自分も、フランスで生活し約1年が過ぎようと思う、
フランスに住んできたと同時期に、フランス語を開始し、ひたすらどう
フランス語で表現したらいいのかわからないという状況が毎日の中、

 

そして未だに数字を読み上げるのがあやふやとも言えるが・・

昨日、フランス語で話す機会があり、時間にして4時間近くフランス語で
話す機会があった。

 

もちろん話している内容は、けっこうわからないこともあり、自分の伝えたいことが
うまく伝えられなかったものの、どうにかその場面を乗り越えることができた。

 

行く前は、結構憂鬱だったんだけども。

 

しかし、自分の中でその経験が、自分は以外とフランス語できるなという

認識に変わった。

 

つまり、自信がついたとも言える。

 

 

翻ってみて、語学ができるできないは、その人の自分の語学に対する
認識を変える機会を作ることが、語学を伸ばすカギとも言えるのではないかなと

思った出来事でもあった。

 

 さて、そんなこと言っている自分ですが、来週トフルあるんで、
英語も勉強励みます〜