自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

空白期間を作る生き方

 

空白のある生き方

 

日本では空白がある生き方をしている人は、

少ない気がする。

 

空白とは、仕事をしていない期間のことである。

転職するタイミングも、前職の職場を辞めてすぐに

新たな職場で働く人が周りには多い。

 

そして、採用する企業側も空白がある人は、

何かしら問題があるのではと思ったりしてしまうと

いう恐れを抱かせてしまうからだろうか。

 

その点、海外では空白期間をそこまでネガディブに

捉えてないように思う。

 

会社を辞めたタイミングで、しばらく旅行をする。

自分がやりたいことに没頭してみる。

 

そんな風に空白期間を楽しんで、

しばらくしたらそろそろ仕事でも探そうかと

活動するような感じだったりする。

 

仕事がなければ、失業保険をもらってしばらく

生活をしているのも別に普通だったりする。

 

その点、日本では働かないと罪悪感を

感じさせるような雰囲気がある。

 

アリとキリギリスどちらが良いかというと、

アリであれ。

 

アリである働き方が美徳とされる風潮がある。

これは日本の集合無意識でもあり、多くが会社員

として働いているからだろう。

 

日本はここ最近まで、転職することなく

入った会社で定年まで働くのが普通の働き方

であるという感じだった。

 

さすがにこの考え方は変わってきており、

転職することが普通になりつつある。

 

電車に乗ると転職の広告がたくさんある。

今の30代であれば転職経験をしている人が

多かったりする。

 

空白があることは悪いことではない。

空白によって、自分が本当に何をしたいのか、

どうしたらいいのかと考えさせられる期間でもある。

 

仕事に追われ、日々に追われていると、

なかなか方向転換をするにが難しい。

 

日々に疑問を持つことなく、もしくはあっても

忙しさのあまり前に進むしか考えられなくなる。

 

本当は、右に進む必要があるのかもしれない。

 

いずれくるベーシックインカムの時代。

先回って、自分から空白期間を作るも、人生。

 

いずれにせよ現代は、人生は長い。

そこまで焦る必要はない。

 

 

いくつもの無限の道はある。