自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

自分のネガティブな観念を手放すこと

自分のネガティブな観念を手放すこと

 

これこそが必要なことだと、

最近本当にわかってきました。

 

これまで成功哲学、アファメーションなど

に取り組んできましたが、そこまで効果が

出ておらず、おかしいなーとずっと思っていました。

 

まるでいくつものダイエット食品や、ダイエット方法を

試しながら、結果が出ておらず、何故か

うまくいかないなーと効果を体感していない

状態でした。

 

ここ最近、新たな気づきが

 

というのも、転職活動をして会社員として、

やろうと思っていましたが、やはりこれは違う。

一度は、自分でやって行きたい。

このまま、まずは会社員で経験を積んで、

それから徐々になんてステップを踏んでいたら、

いつまで経っても、自分一人で独立できないと

いう思いに至りました。

 

そこで、話を頂いた会社からお断りの連絡を

して、自分でフリーで行きていこうと思いました。

 

そして、フリーとして活動しようと、

決めたのはいいのですが、あらゆることを全て

自分で決める、そして自分に全ての責任があるという

状況。また、会社員にのように収入も毎月一定額

あるわけでもない。けれども、家賃など、生活費は

毎月引かれて行く、だから毎月稼いで行かなくては

ならないという状況に初めて、

現実となってやってきました。

 

フリーでやっていくということは、

まさにそういことであり、

頭ではわかっていました。

けれども初めて自分がその状況になり、体感すると、

率直に、

 

怖い

 

怖い。

 

どうすればいいのだろうか、どうやって仕事を

得て、生活をしていけばいいのか。子供もいるのに、

これから先どうしようか。

 

 

という風に、めちゃくちゃ恐怖を感じました。

ここ最近で、一番恐怖を感じる時期でもありました。

 

この状況をどうにかしなくてはと、

本を再び読み直したり、瞑想により研鑽したり、

仕事を見つけるべく、フリーランスのサイトで

仕事を探したりと、もがいておりました。

 

そんな中、何気なく本を読んでいると、

これまで何度か読んでいる本であり、

内容自体は知っているのですが、

改めてこのような状態になると、

新たな発見、気づきが得られるものです。

不思議と要は、自分の恐怖となるネガティブな観念を

自分の中から手放すこと。どんどん手放していくこと。

 

 

この自分のこれまでの人生の中で、

無意識に世界はこうだというネガティブな思い込みを、

捨て去り、新たなポジティブな思い、観念へと

変えていく必要があるんだということに気づかされました。

 

 

そして、こんなにも恐怖心に囚われてしまうのは、

自分がこれまでの生き方から、新たな生き方へと変わる

タイミングであり、これまでの観念、思いが今の

現状に留まらせようとしており、だから恐怖を感じて

これまでの元の世界へと押し留まらせようとしているんだなと、

気づけたことでした。

 

この気づきは大きく、

これからの自分の課題は、自分の無意識に

刻まれていたネガティブな観念を手放すという

プロセスを体験していくことをやっていくこと

なんだなと気づけたことです。

 

逆にこの自分のネガティブな観念を

手放さなければ、いくらアファメーションを

やっていても効果はなく、結果も出ないんだなと

気づくことができました。

 

このネガティブな観念を手放すということは、

誰にでも当ては余ることでもあり、

人生のプロセスでもあるので、

意識的に手放していくことで、

自分の人生がより輝きに満ちると

思います。

 

私もこれらも丁寧に見つめていこうと

思っています。