自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

朝、ノートに思いついたことを書き殴る。この習慣はなくてはならないものに

今ではなくてはならなくなった習慣

 

朝起きてノートに思い付くまま書くこと

 

この行為無くして、1日を始められなくなって

しまったと言っても過言では無いです。

 

この朝起きて書く。

 

シンプルなことですが、効果絶大です。

 

まず、書き終えた後、脳がとってもスッキリして、

その後気持ちよく1日を過ごせることができます。

 

次に、自分のアイディアを視覚化することができる。

自分の考えを言語化でき、寝てる間に無意識に考えていた

ことをメモすることができ、貴重なアイディア、次の

アクションへと繋げられる。

 

ノートに書くことで、意識がしっかりとして来て

脳のウォーミングアップに最適。

 

 

ざっと3つ挙げるとしたら、こんな感じでしょうか。

 

その中でも、とりわけ1つ目の効果がやっていて

1番良かったとも思います。

 

朝起きて、時間がないときにノートに

書き殴ることができないと、なんだか

モヤモヤします。

 

スッキリとしないまま、1日を過ごすことにもなり、

爽快感を味わうことができません。

 

まるで2日酔いで1日を過ごすような、

例えていうならそんな感じです。

 

 

そもそも、自分が思っていることを

紙に書きなぐこと自体が、精神的にも良く。

 

一種の神経症などを治すための、

治療法としても使われるようです。

 

 

世界的に有名な、道は開けるでも紹介されていました。

 

 

道は開ける 新装版

道は開ける 新装版

 

 

 

これは、オススメです。

 

さらに言うと、書くことを習慣にすると、

自分の能力、成果も向上するようです。

 

以前読んだ本で、タイトルは忘れてしまいましたが、

世の中で偉業、成果を成し遂げている人というのは、

 

良く書いていた。

ノートに自分のアイディアを書いたり、

筆まめであったと言われます。

 

書くことは、自分の思考力を磨く

上でも大切な行為でもあり、

これだけのメリットがあるのならば、

どんどん書いていくしかないです。

 

騙されたと思って、書いて見てください。

 

私が目安としているのは、ノート3ページ分

を乱雑に、殴り書きのように書くことを

日課にしています。

 

だいたいノート2枚目辺りで、

書くことはなくなってしまいます。

 

3枚目には、あまりないので今、この瞬間に

思ったこと。

 

例えば、

 

眠いなー

もう書くことなくなった。

今日何をしようかなー

もっと寝たい。

 

なんて、ただ思いついたことを言語化

しているだけです。

 

ノートにもきっちりと書く必要もないので、

是非やってみては、いかかでしょうか。