自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

ボルドーは美食の街であると実感

f:id:jpthingmr:20181009110033j:plain

美食の街ボルドー

 

ボルドー付近に5日間ほど滞在していました。

 

結論から言うと、ボルドーは美食の街と

呼ばれていることに納得致しました。

 

料理は美味しく、パリに比べると安い。

ワインも安価に飲めてしまう。

 

この5日間で食事して、撮った写真を

ご紹介します。

 

と言っても、早く食べたいが為に

気合い入れて写真撮っているわけではないので、

クヲリティーは全くです。

 

初日に夕食で訪れたお店。

 

ブログで紹介されており、気になって訪れました。

 

f:id:jpthingmr:20180930162848j:plain

 

www.tripadvisor.com

 

Le petit bois というお店。

広場にずらっとあるお店の中の1店舗。

どちらかというとレストランというよりは、

バーのような雰囲気。お酒がメインの場所でした。

 

どの料理も10ユーロ切るような値段で、

かつボリュームがありました。

パリからボルドーに来て初めてでしたので、

値段の安さに驚きました。

 

f:id:jpthingmr:20180930162851j:plain

f:id:jpthingmr:20180930162853j:plain

 

頼んだ料理は、どちらもフォアグラがしっかりと使われていました。

フォアグラの産地は、フランスの南西部なんですが、

ボルドーからも近く、安価に手に入れられるのでしょうか。

 

後ほど、ボルドーではこれぐらいの値段が普通だとわかりましたが、

パリ価格に慣れていた私には驚きでした。

 

次に訪れたのが、

 

Pontac’s Headという名のお店。

サイトを調べましたが、サイト自体がないようです。

こちらが住所となっています。

 

10 Rue du Maréchal Joffre, 33000 Bordeaux, France

 

f:id:jpthingmr:20181007002542j:plain

 

今回のボルドーの食事の中で一番当たりの

お店でした。

 

f:id:jpthingmr:20181007002723j:plain

 

料理のレベルはミシュランレストランのような

美味しさなのに、値段が安い。

 

ワインも美味しく、頼んだワインは今思い出すだけでも

また飲みたくなるようなワインでした。

 

f:id:jpthingmr:20181007002733j:plain

 

このワイン、グラスでたった4ユーロ。

最初値段を知らなかったので、10ユーロ超えるのかと

思いきや、驚きでした。

 

f:id:jpthingmr:20181007002739j:plain

 

また行きたいお店です。

というか再び別の日に向かったのですが、

残念ながら満席で入ることができませんでした。

 

 

f:id:jpthingmr:20181007002726j:plain

 

ボルドー訪れたら、確実に行こうと思うお店です。

 

その他、ボルドーの近くには海があり、

牡蠣とワインを一緒に食べるという組み合わせを、

ローマ時代から行われていたようです。

 

今でも、牡蠣は取れるようです。

 

 

ということで、牡蠣が食べれるレストラン

訪れました。

 

f:id:jpthingmr:20181009105915j:plain

 

こんな感じです。

一番美味しかったのが、アイスランド産の牡蠣でした。

牡蠣も国や場所によって、味が異なるので、

牡蠣の巡りの旅もありだと思います。

 

少なくとも私はアイルランド訪れたくなりました。

 

やはり牡蠣は、北の冷たい地方の方が身が締まっており、

美味しいなというのが経験則であります。

 

以前訪れた連合国のエディンバラの牡蠣も最高でした。

 

それ以外にもいくつかレストラン訪れました。

 

f:id:jpthingmr:20181009105919j:plain

 

f:id:jpthingmr:20181009105912j:plain

 

どこも美味しく、味の平均値が高かったです。

 

ボルドーの街は、料理が美味しいのは当然。

そして片手にはボルドーワインを飲む。

 

もうそれだけでも十分です。

フランス人がボルドーに住みたい理由もわかります。

 

私もこの場所が好きになりました。

今、こうやって写真を見ながら、

ボルドーの記憶が蘇って来ます。

 

また行きたい、そう思わせるボルドーの旅と

なりました。