自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

ベルギー北部のアントワープへ行きと、そこは35度を超える暑さだった

f:id:jpthingmr:20180731173739j:plain



ベルギーのアントワープへ旅行へ行って来ました。

 

アントワープは、以前巨大な港があり、商業都市、芸術の街として

栄えていました。ナポレオンが皇帝としてヨーロッパの覇権を
握ろうとしている際、アントワープの港をより拡張させて、さらなる

商業、軍事的にも活用しようとして最中でしたが、ナポレオンが失脚したことで、

計画は頓挫してしまいました。

 

そんなアントワープは、ベルギーでも北に位置しており、オランダ語圏

となります。

 

フランスからタリスという電車で、パリから2時間ほどで到着しました。

初めて、ヨーロッパの鉄道に乗って見ました、待ち時間も全くなく、

電車内も綺麗で快適でした。

 

f:id:jpthingmr:20180731172314j:plain


 

アントワープへ行き前までは、パリは連日最高気温35度を超えるような、

暑さでぐったりしており、せめて北へ行けば涼しくなり、一時的な冷所

へ行けたらと思っていましたが、到着したアントワープも異常な暑さであり、

最高気温は35度でした。

 

 

アントワープの駅は、美しい駅として有名な駅だと以前から聞いていましたが、

電車から降り降り口が異なるせいか、わりと近代的な駅の印象でした。

 

f:id:jpthingmr:20180731172434j:plain

 

この暑さを避けるためにも、冷房の効いたホテルへと向かうことにしました。

駅から降りると、以前アントワープへ来た人が、アントワープは東北の地方都市の

ような感じがすると行っていたのを思い出しました。

 

f:id:jpthingmr:20180731172537j:plain

 

確かにそんな感じでした、人も少なく街もすこし寂しげな感じであり、

緩やかに人口が減少しているような雰囲気でした。

 

f:id:jpthingmr:20180731172626j:plain

 

ホテルまでの道のりに、多数のダイヤモンド店が立ち並んでいました。

アントワープはダイヤモンドの街としても知られています。

 

f:id:jpthingmr:20180731172732j:plain

 

ホテルへ到着すると、チェックインが15時からであり、到着したのが13時と

、まだ2時間ほどあったので時間を潰す必要がありました。

 

あまりの暑さに、動きたくなかったのですが、やることもないので、

ホテル周辺を少し散歩。ホテルから駅は近く、アントワープの駅は、

もっと綺麗なはずだと、再び訪れました。

 

f:id:jpthingmr:20180731173330j:plain

 

どうやら駅も近代的な場所と昔ながらの駅とパートによって

異なることがわかりました。今回のアントワープの駅は確かに綺麗でした。

 

 

f:id:jpthingmr:20180731173422j:plain

 

f:id:jpthingmr:20180731173535j:plain

 

f:id:jpthingmr:20180731173638j:plain

 

f:id:jpthingmr:20180731173933j:plain



駅周辺探索後、ホテル近辺にあまり美味しそうなレストランもなく、

レバノン料理のレストランが、なんだか美味しそうな雰囲気漂っていたので、

そこで昼食を食べました。

 

f:id:jpthingmr:20180731174122j:plain

 

このレストランは冷房がなく、汗だくになりながらの昼食。

 

昼食を食べ終わると、15時になりそうだったので、ホテルへと戻り、

チェックイン、そして部屋へ入ると、そこには冷房が。

 

冷房のありがたさを、ベルギーの北部のアントワープへ来ても感じるとは。

日中の暑さを避けるため、部屋でゴロゴロ、昼寝も3時間ぐらいしていました。

 

そこから夕方にもなり、夕食を食べるがてら街を散策することにしました。

夕食は以前アントワープへ訪れた人からオススメのレストランを
教えてもらったので、その店へと向かうことにしました。

 

f:id:jpthingmr:20180731174235j:plain


 

そして、今回は初めて子供を連れての旅行となり、今までと勝手が違い、

授乳、オムツを替えること、そしてベビーカーを持っての移動となり、

私たちにとって挑戦的な旅行となりました。