自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

パリの独立記念日の花火

今年はパリの独立記念日祭りの最後のフィナーレとなる、エッフェル塔からの

花火はテレビから観ていました。

 

この最後の花火、毎年恒例で11時から30分間、エッフェル塔から花火が
打ち上げられ、7月14日のこの独立記念日のイベントが終わるんです。

 

昨年は、バルセロナに旅行に行っており、観ることはできませんでした。

2年前は、実際にこの花火を観てみようと現場に行ったのですが、

あまりの人の多さ、そしてこの場所どりも早めにいかなければ、

場所を確保できません。

 

 

私は、この時も遅くきたので、少し離れたところから観ていました。

日本では、花火となると、花火が打ち上がって、消えていく。

 

この一瞬の美しさを楽しむ、そして終わった後の静寂もこれまた

風情というスタンスが日本の花火文化だと思います。

私はこれはこれで好きです。

 

このイベントでは、花火が音楽に合わせて、打ち上げられるんです。

しかも打ち上げるという言葉がふさわしいのかわかりません、

なぜならエッフェル塔から花火が上がって来るので、横に花火が打ち上げることも

可能であり、エッフェル塔の高さを活かした花火なんです。

 

なので、風流という言葉は全く当てはまらないですが、

豪華であり、リズミカルなfire work なんです。

 

ですので、音楽を聴けるというのが、この花火を楽しむコツなんですが、

前回訪れた時は、遠かったので、音楽を聴くことができませんでした。

 

 

そして、今回はTV。これまた厳密にいうと、Youtubeで花火の様子がLive

で観ることができ、観ていました。

 

今回は初の試みでしたが、音楽も聴こえて、そしてエッフェル塔全体を

観ることができたので、十分に楽しめました。

 

日本からでも、youtubeなので観ることは可能です。

 

 

もしパリへ旅行へ行けなくても、このyoutubedで観ることができれば、

十分に独立記念日のイベント楽しめます。

 

この午前中のパレードもyoutubeでLive形式でやっているので、

これまた楽しめます。

 

私は実際に足を運んだのですが、あまりの大勢の人で、

パレードの参加者の頭部しか見ることができませんでした。

 

Youtubeでの視聴お勧めです。