自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

パリに旅行で行く人にオススメする食事事情

フランスの食事事情。

 

フランス、とりわけパリに来て言えるのは、

中途半端な観光客がいるレストランに行くと、値段も高く、

サービスも悪く、そして料理の味もイマイチです。

 

なので、パリに旅行に行く際は、どこにでもあるレストランには
入らない方がいいと、個人的に思います。

 

 

それならば、何気ないスーパー、モノプリやフランプリでチーズや

ワイン、そして牛乳、ヨーグルトそれにイタリア・フランス産のチーズ

など買って、どこかその辺の公園で食べた方が、格段にいい!と思っています。

 

フランスは農業国でもあり、果物も美味しいいです。

なので、フランスの果物、とりわけ今の暑い夏の時期は、桃やチェリー、
メロンが旬で最高です。

 

 限られた予算の中で、パリを楽しむならば、数回はセーヌ川や公園で

アペロ形式で食事を楽しむ。

 

そして、フランスのレストランで食事をしたいならば、事前に評価の高いレストランを
予約して、食事を楽しむことをオススメします。

 

それともう一つ、日本ではあまり馴染みのない海外の料理をパリに来て

食べるのも良いかと思います。

 

例えば、パリの中華料理。値段も他のレストランに比べると安く、美味しいの

満足できます。

 

私もパリに滞在中は、フランスレストランへ行くよりは、中華のレストランへ
行くほうが圧倒的に回数は多いです。

 

個人的にオススメなのがChez Domiという名前の中華。かなり辛いです。

翌日お腹壊します、けれども美味しいです。値段も手頃。

 

www.newsavour.com

 

こちら中華レストラン、激辛です。

https://chungking-express.business.site

 

 パリに中華レストランが無数にありますが、良い中華かどうかを見分けるには、

店内のお客が中国人がメインでいるかどうかです。

中国人がたくさんいるようであれば、そこは美味しい中華だと思って

間違い無いです。

 

なので、パリに来たら外でアペロする、もしくは中華を食べ歩くのも

悪く無い選択肢だと思います。

 

その他、ケバブ屋さん巡りするのも一興かとも思います。

パリは物価が高いと言えれども、工夫次第で充実した旅ができます。