自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

6月30日パリでLGBTパレード

f:id:jpthingmr:20180702184645j:plain

 

LGBTパレードが6月30日パリのコンコルド広場からリパブリック広場までの

道のりで行われました。ちょうどその人はWカップのフランスとアルゼンチン戦も
行われており、街はお祭り騒ぎとなりました。

 

 

f:id:jpthingmr:20180702192143j:plain

 

毎年恒例のイベントのようですが、本当に多数の参加者おり、

多くの方がコスチュームを着たり、LGBTの象徴となるレインボーカラーの旗

などを持って参加していました。

 

f:id:jpthingmr:20180702191843j:plain

 

LGBTの人々が行きやすい社会の実現が21世紀のテーマだと思っています。

まだまだ差別や偏見がある社会、LGBTに関してはパリはかなり住みやすい
街だと思っています。

 

f:id:jpthingmr:20180702192240j:plain

 

とりわけ東アジアの一部の国や中東など宗教色が強い国では、まだまだLGBT

の人にとっては、難しい生活を強いられているのだと思います。

日本でも、まだまだ社会ではこのような人は、行きづらいのだろうと察します。

 

f:id:jpthingmr:20180702185040j:plain

こういったイベントに参加することで、より多くの人がLGBTを受け入れる社会に
なるきっかけを作るんだなと思いました。

 

東京でもLGBTパレードが行われたと以前記事で見たことがありますが、

もっともっと盛り上がっていけばなと思います。

 

f:id:jpthingmr:20180702184939j:plain
f:id:jpthingmr:20180702184754j:plain



f:id:jpthingmr:20180702184849j:plain

 

不思議なもので、デモやパレードに参加することで、問題となることに興味を抱き、

自分も何かしら社会のためにやりたいと自然と思えることです。

 

ぜひ、デモやパレードなど御自身が賛同するイベントがあれば参加して見ることを
お勧めします。