自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

スポーツをすることで、思考がクリアになる

最近、写真にとらわれていました

 

どうすればいい写真を撮れるようになるか?

どうしたら写真家としてやっていけるのだろうか?

このご時世写真だけで行きていくのは、難しい、どうすればいいのか?

といったことを、自分自身に問いかけていました。

 

 

これまで、学校がある時は学校の課題や日常で忙しく、

日々の出来事に追われている毎日でした。

 

そして、写真学校が終わった後も、仕事があったり、それ以外の出来事で

忙しかったりしていました。

 

ここ最近、パタリと仕事の依頼もなくなり、何もしない時間が増えました。

これまで航海の中、風が吹いていい感じに進んでいたのですが、

突然海の真ん中で、パタリの風がなくなり、全く船が進まないそんな
感じの状況でした。

 

そうなってくると、写真家として今後どうすればいいか?

もしこのまま日本に帰っても、写真家として行きていけるのだろうか?

そもそもどうやって生活して行こうかなんて、先行きが突然暗くなって来ました。

 

いついかなる時も積極的思考を心がけてはいるんですが、

突然やることなくなると、そういったこと考えてしまいますね。

 

そんな感じで、最近モヤモヤしていました。

写真にとらわれていました。

 

 

会社を退職した時、もうこれからは自分のワクワクを追求していくんだ。

ワクワクを追求したら、自然と道は開けてくるなんて決意したつもりでしたが、

突然現実的に考え出したりしました。

 

日本帰ったら、就職活動始めようかなーなんて。

 

そんな状態だったんですけど、今日夕方にバスケットを2時間ぐらい

ハードに動き回って、激しい運動をすると、気分がリフレッシュされ、

さっきまで考えていたことがバカバカしくなり、なんだか突き抜けた
感じになりました。

 

 

日常生活にスポーツをすることは、かなり精神的・肉体的そして思考的にも
良好なんだなと実感。

 

かなり気分も良くなり、自分は写真にとらわれていたんだなと言うことを

認識できました。

 

何事も楽しむ、そしていつでも積極的思考でいる。

そんなことをスポーツをすることで、再確認できました。

 

 

スポーツいいですね。