自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

今週IELTS(英語テスト)受けます

今週英語のテスト受けます。

 

なんだか英語のテストは、中学の頃のMy name is から始まり、今後も英語のテストを受け続けるのかなと思っています。英語は生涯学習ですね。

 

今回は、IELTSを受けますが、日本ではどうなんでしょう?
このIELTSあまり馴染みがないのかもしれません。

 

ざっくり言うと、TOEFULがアメリカやカナダで主流なのに対して、IELTSは

UK辺りが中心となっている英語のテストと思ってもらったら、いいのではないかと
思います。

 

www.eiken.or.jp

 

 

このテスト私も今回初めて受けます

テストも近いので、勉強はしているといえばしていますが、なんとも

準備に時間かけてないです。先月は写真関係の卒業の準備が忙しくてという、
言い訳ですが。。

 

 

先ほども、友達とカフェに行っており、フランス語で話していましたが(もちろん流暢ではない)が、最近は英語よりもフランス語の方がよく使う機会が多いです。

 

終盤に、フランス語が話せない友人が来たので、英語で話したのですが、

ここ最近英語で話す機会がなかったので、まず最初にフランス語が浮かび、

おー違う違うと、脳内で修正して英語話している感じです。

 

土曜日テストなので、早急に英語脳にする必要があるなと思っています。

 

しかし、語学というものは不思議なもので、語学を習得するのには本当に
時間と労力が必要だなと思います。

 

この1年間写真学校の授業は、基本的に英語での受講、友人と話すときも

基本的には英語、フランス人や特定の友人にはフランス語で話すという環境で、

1年ほど学生をやっていたので、英語伸びたといえば伸びました。

 

でも、だからと言って流暢に喋れるようになったかというと、かなり疑問
が残ります。

 

 一体、いつになったら流暢に喋れるのだろうか?
果たして、そんな日は来るのだろうかとも疑問に思っています。

 

これまで、3年間海外に住んでいて思うことは、自分から積極的に勉強を
しないと語学は伸びないんだなと思います。

 

私のフランス語のピークは、去年の夏だったと思います。

去年の夏まで、毎日のように語学学校へ行き、予習復習など勉強していました。

 

その後、写真の学校へ行ってしまい、ノートに単語を書いて暗記したり、
文法を勉強するという時間が取れませんしでした。

 

そのため、今のフランス語レベルは、単語を結構忘れてしまい、

文法も怪しい状態で話しています。

 

ついつい海外に行けば語学伸びるイメージがありますが、やはり

主体的に勉強することは、日本だろうが海外だろうが変わらないなと思います。

 

ということで、テストに向けて英語の勉強頑張ります。