自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

写真

日本を異邦人の目から見て撮った写真

異邦人から見たTOKYO 久々に日本に戻ってくると、面白い。 とりわけ写真を撮る観点で考えると。 なぜならこれまで当たり前だと思っていとことは、実は当たり前ではなく、日本の常識、文化だったということに気づくからです。

朝6時、人がいないルーブル美術館での写真

早朝のルーブル美術館は別の顔 パリに戻ってきたものの、未だに日本時間のままの体内時計のせいか、 朝3時前に起きてしまいました。 パリの朝3時は、日本と時差が8時間あるので、日本時間では朝の11時なので、 日本だとよく寝たな〜という感じです。

HP作成に取り掛かることにした、写真家として道を歩むために

HP。version1.0できました www.junpeitanaka.org パリに戻ってきてやろうとしていたことは、写真家としてHPを作成すること。 昨日夜10時前には寝てしまい、よく寝たーと起きたら朝の3時前。 完全に時差ぼけのせいですが、日本では朝の11時ですので、妥当な…

続・パリの1・2区の典型的なパリの写真ではない写真

続・パリ1、2区の典型的ではない写真 前回の記事の続きで、さらにパリの1、2区で撮った写真を紹介します。 さて、この1区は基本的にはセーヌ川沿いのいかにもパリの景色を有する地区でもあり、ルーブル美術館、チュールリー公園やポン=ヌフも含まれていま…

パリの1区、2区のパリの典型的ではない写真

パリの典型的な写真は撮らない パリの写真ともなると、どうしてもいかにもパリの写真、素敵だなと思うような写真を多くの人が取りがちであり、自分はそういったいわゆる典型的なパリの写真ではない写真を撮ることを今回心掛けました。