自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

受け取り上手になる

最近、友達と食事をしたり、会ったりすると

子供の誕生祝いにプレゼントをもらったり

祝福される機会が多いです。

 

昨日も、久々に会った友人とその奥さん

と中華のレストランで食事をしました。

 

レストランで会った時に、子供用に

プレゼントをもらいました。

 

仕事で忙しいのにわざわざ準備してくれて、

感謝です。

 

そして、楽しく中華料理を食べ、

お会計の時には、皆が私たちに

今日の夕食まで奢ってもらいました。

 

素直に喜び、感謝すればいいんですが、

人から何かしてもらうというのが、

昔から苦手です。

 

人に何かするということの方が、

人に何さされるよりもよっぽど楽です。

 

受け取りベタでもあり、もっと

素直に喜べるようになりたい。

 

ある種お金というのも、エネルギーでもあり、

究極的にはエネルギーの循環を

させることで、より豊かになると言います。

 

豊かさを受け取ることで、

豊かになるんですが、この受け取るという行為

がなかなか難しい。

 

色々してもらったりすると、

なんだか悪いような気がしてしまいます。

 

奢るよなんて言われると、

そわそわして、申し訳ないなんてつい

思ってしまいます。

 

でも、これはエネルギー的に言うと、

富のエネルギーを受け取ることを拒否

していることにもなってしまい、

豊かさを受け取っていないことだと

も言えます。

 

豊かになるには、エネルギーの循環を

良くする事らしいです。

 

私は、その点がまだまだだなー

昨日の夕食で思いました。

 

受け取り上手になること、

これが今後もっと上手になりたいな。

 

そして、これは受け取るときの反応は、

人によって結構違います。

 

とりわけ日本人は、受け取るのが下手な

気がします。せっかく受け取ったものに対して、

 

申し訳ありません。わざわざこんなことして頂いて。

 

なんていきなりネガティブな

言葉で返している人が多いですよね。

全然受け取れていないです。

 

以前は、こういった対応が大人の

マナーなのかなーなんて思っていましたが、

受け取り上手の観点から見ると、

間違った受け取り方なんだと気づきました。

 

人から何かしてもらったら、

素直に喜ぶ、喜びを表現する。

しっかりと豊かさを受け取る。

 

受け取ることで豊かになる。

昨日のレストランでは、

改めて受け取ることについて、

気づきが得られました。