自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

人生哲学を学ぶ本

以前紹介した私の人生観を変えてくれた
本を再び読み直したのがきっかけで、

それ以外にも日本からパリに持って来た

本を読み直しています。

 

一時期、この人の本ばかり読んでいたので、

もう自分では頭に入って、後は実践するだけ

だと思い。最近はずっと読んでいませんでした。

 

jpbon.hatenablog.com

 

 

何気なく本を開いてみると、

言われていたことを忘れており、

全然実践していなかったり、もっと

意識を変えて取り組む必要があるな

と思いました。

 

 

 

中村天風 成功哲学三部作

中村天風 成功哲学三部作

  • 作者: 中村天風,公益財団法人天風会
  • 出版社/メーカー: 日本経営合理化協会出版局
  • 発売日: 2008/10/08
  • メディア: 単行本
  • クリック: 9回
  • この商品を含むブログを見る
 

 以前、私が大学生の頃に読んでいたのですが、

この人の教えをもっともっと学びたく、

出版されている本は全部読んで

吸収してやろうと

値段はかなり高いのですが、

購入しました。

 

内容としては、前回紹介した本をより

掘り下げた内容となっていますが、

まずは前回読んだ本だけでも、

十分まとまっており、後は学び、

そして日常の実践のみだとも思います。

 

想像力を応用して、心に絶えず念願することを

映像化して描くことによって、信念というものが

確固なものになるんです。これが信念の煥発法なんです。

 

 

絶え間なく映像化される想像という心の作用によき

刺激を与えて、そしてそれをピンボケにしなければ、

黙っていても信念の力は強固になって、

あらゆる全てを現実化する。

 

 

どんな場合でも感謝にふりかえてごらん。

 

 

 

人間の喜びの感情は、宇宙本体と自分とが結びつけられた

喜びを探知する音楽だ。

 

 

できるだけ喜びを多く味わせて人生に生きる、

そこに本当の生きがいがある。

 

 

人間は誰もが幸運に、運命的にも健康的にも生きられるんだが、

その力の出しようを考えつかないので、その結果、

やたらと病に侵されたり、あるいは周囲に悩まされて、

もっともっと幸運に生きられる人生を、我れから物好きにも

不幸なものにしている。

 

 

病がでたり、不運がきたら、あっ、これが人間と生まれながら、

人間らしく生きていない第一警報だなと思えと。

私はしょっちゅうそう思う。自分が頭痛ひとつしても、

あっ、またぞろ俺は人間のレールを踏み外したんだなと。

  

 

これは本の一部の抜粋ですが、本当に

学ぶことが多く、日々の実践だなと思いました。

そして、最近言われていたことを

実践できていなかった、忘れていたなと

思い出させてもらい、毎日の習慣として

でも読みたいと思っています。

 

まだ、この3部のうちの1冊しか読んでいないので、

また紹介しようと思います。