自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

IELTSテスト口頭試験終了、ついでにパリ郊外の写真撮る

f:id:jpthingmr:20180824233130j:plain

 

IELTSのテスト受講して来ました。

 

今日は、スピーキングだけの口頭での

試験であり、

 

試験官と約10分ほどの口頭での英語

でのやり取りでした。

 

地図は電子地図かそれとも紙の地図の

どちらを使っているか。

自分が好きな雑誌は何かなどという質問を

試験官とやりとしました。

 

f:id:jpthingmr:20180824233223j:plain

 

概ねうまく回答はできました。

が、やはり英語話すのはまだまだ。

今後も引き続き、英語で話しまくる

必要があるなというのが実感でした。

 

 

f:id:jpthingmr:20180824233205j:plain

 

今日の試験自体は、口頭試験だけだったのですが、

試験の為に会場に向かう必要あり、

前回受講した時とは異なる会場へ向かいました。

 

会場はパリの北側の郊外にあり、

初めて行く場所でもありました。

 

f:id:jpthingmr:20180824233104j:plain

 

日本にいるとパリとイメージすると、

おしゃれで、優雅、そして美しい建物

のイメージかもしれませんが、そのような

美しいものは基本的に、パリの中心を

流れているセーヌ川近辺が中心となります。

 

f:id:jpthingmr:20180824232902j:plain

中心から離れれば、離れるほど、移民率も

高くなり、そして街もだんだんと荒んで来て

来ます。住んでいる人も郊外に行けば、

低収入層の人たちが住む地域となります。

 

f:id:jpthingmr:20180824232835j:plain

なので、この試験会場を向かう時も、

パリというよりも、ここはどこの国だろうか、

アフリカなのだろうかというような、

気分にしてくれます。

 

f:id:jpthingmr:20180824232840j:plain

 

写真と撮る側としては、そういった方が面白く、

試験会場に向かう時も、コンパクトカメラを

片手に歩きました。

 

f:id:jpthingmr:20180824232759j:plain

 

明日が、試験のメインでもあり、

同じ会場での受講となります。

リスニング、リーディング、ライティング合計

3時間ほどのテストとなります。

 

f:id:jpthingmr:20180824233104j:plain

前回よりも点数が上がればいいんですが、

朝早いので、遅刻しないように心がけ、

明日に備えようと思っています。

 

f:id:jpthingmr:20180824233123j:plain