自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

コンパクトカメラを手に入れたことで、森山大道流を追求したいな

昨日、新たにカメラ購入しました。

購入したカメラは、

NikonのCoolpix A900

 

 

海外に住んでいると帰国売りというものが

存在します。

 

主に海外に期限つきで住む、駐在員の人が

日本に戻る前に、その国で使用したものを

低価格で売るサイトです。

 

このカメラも50ユーロで購入、

しかもSDカードの38ギガが付いての値段

だったので、定価価格に比べると格安です。

 

これまで日常的に使用していたカメラが

Canonの6DのMarkⅡでした。

 

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark II ボディー EOS6DMK2

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark II ボディー EOS6DMK2

 

 写真をプロフェッショナルとして使うには、

いいのですが。カメラの重さが結構重く、

そしてゴツい

 

パリの街中で、街にいる人を取りたいなと

思っても、こんなごついカメラを向けられたら

通りすがりの人が見ると驚いてしまい、

そして警戒してしまいます。

 

 

その点、コンパクトカメラだと、

カメラ自体の重さもそこまで重くなく、

小さいので気軽にパシャパシャ写真が撮れ、

コンパクトカメラ欲しいなと思っていた

ところでした。

 

実際に昨日カメラ購入し、写真を撮って

見ました。写真のボタンを押してから、

実際に撮るまでに若干のズレがあり、

なんだか時差があるような感じでした。

 

レンズが無いので、モニターを除く、

もしくは全く覗かないで写真を撮るなど、

これまでと勝手が異なり、まだまだ手探り

の状態ですが、新しくカメラを持つということ

自体は、面白いですワクワクしました

 

自分の写真スタイルを変えるには、カメラを

変えたらいいと言いますが、
変わるのでしょうか。

 

今後、自分の写真振り返ってから検証したいと
思います。

 

 

写真を本格的に勉強しようとする前に、

森山大道さんの写真を見て、力強い写真に、

衝撃を受けました。

 

 

勉強しだした当初、パリの街を歩きながら、

森山大道さんを意識しながら写真撮っていました。

 

森山大道 - Wikipedia

 

友人からの話ですが、大道さんはコンパクト

カメラを、オートモードで写真を撮っている

と聞いて、驚きました。

 

写真家は、高価なカメラを使って、

当然マニュアルモードで、自分でセッティング

して写真を撮るのがプロフェッショナルだと

思っていました。

 

コンパクトカメラ、しかもオートモードで

撮っているなんて。

 

今となっては、新たにコンパクトカメラを

入手したので、森山大道流が
実現可能になりました。

 

私も昨日から、パリの森山大道になるべく

引き続き写真励んでいきます。