自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

久々にジョブスのスピーチを聞いて、情熱に従う生き方を追求することの大切さを知った

昨日、久々にスタンフォード大学の卒業式で
行われたスティーブ・ジョブスのスピーチ聞き直しました。

 

www.youtube.com

 

このスピーチは有名であり、多くの人が一度は聞いたことが

あると思いますが、再び数年ぶりに聞いて見ましたが、

改めてジョブスはいいこと言っているなーと感心しました。

 

このスピーチを掻い摘むと、

 

自分が好きなこと、情熱を感じることを追求すること。

 

もし今情熱を感じるものがなくても、探し出し、
情熱となるものを見つけ出すこと。

 

自分は自分が好きだと思うこと、情熱を追求することを

心掛けていたし、そうであって欲しい。

 

ということです。

これって以前に読んだ、岡本太郎氏の

本の中でも、自分が情熱を感じることをやって行くことが

いいというアドバイスがあり、同じことを言っている。

 

成功したければ、成功者を真似るのが一番早い。

 

また私が人生の指針として参考にしている本でも、
今この瞬間にワクワクすることを選択しなさいというのが、

一貫したメッセージとしていつも述べていました。

 

改めて、自分が情熱を感じることを追求することを

自分の今後の生き方の指針にして行きたいし、そして

今すぐに実行して行くことなんだと。

 

最近は、以前に比べると自分の好きなことを

した方がいいという投稿や記事、具体的に好きなことを

して、人生が好転した人が増えてきており、

世の中に徐々に浸透しており、だんだんと社会が変わって

来ており、21世紀型の生き方へと移行しているなと

思っています。

 

しかし、まだまだこの生き方というのは、大多数の

生き方としては、普及しておらず。

仕事は嫌だけれども、生活のためには、仕事は辞められず、

現状維持のままという人が多いのだろうなと感じます。

 

このワクワクする生き方、情熱を追求する生き方を

する上で、やはり避けて通れないのが、恐怖心

 

この恐怖心とどう向き合うかが、大切なんだろうなと。

この恐怖心、実はただのネガティヴな感情であり、

現状を変えさせないために、存在しているもの。

 

なるべく変化させないように、最もらしい言い訳を

思いつかせて、止まらせようとしている存在だと

知ることが大切であり、知ってしまえばわりと

うまく対処できるんだと思います。

 

怖いなーと感じたら、これは自分が新たな観念へと

移行するシグナルでもあり、新し自分に変わるタイミング

だなと、恐怖心によって客観的に教えてくれます。

 

情熱に従う人生を送るためには、恐怖心を

冷静に捉え、恐怖心とも向き合う必要があり、

丁寧に恐怖心に対処することが必要だなと、

スピーチを聴きながら、同時に思ったことでもあります。