自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

映画を観て、イスラム教を知りたくなったという話

昨日netflixでThe Kingdamという映画を観て、

改めてイスラム教に興味を持ちました。

 

The Kingdom (film) - Wikipedia

 

映画の舞台は、サウジアラビアで起こった、

アメリカ人を巻き込んだテロの犯人を、

アメリカのCIAを中心としたチームが追って行く
というストーリでした。

 

 

ニュースでは、イランでアメリカ主導による

経済制裁が再び始まっており、イランもアメリカに

屈しない態勢を示しています。

 

日本にいるときはムスリムの人と知り合う機会がありません

でしたが。パリに来てから、ムスリムの人が多く、日常で
良く見る機会があります。

 

写真学校での友人やクラスメートの中にもムスリムの人が

おり、今からお祈りに行ってくる、今は断食の期間だから、

何も飲んでないなんて、会話も普通でした。

 

日本にいると、中東のイメージは正直行って、少し

危ない、イスラム教は怖いというイメージがあるんでは

ないでしょうか。

 

直接中東に訪れることもなく、なんとなくニュースや

SNSで流れてくる映像から判断しているなと思います。

 

私は、これまで中東のイスラエル、ヨルダンには訪れたことが

あるぐらいで、サウジアラビア、イランなど中東を語るには

訪れるべき国にまだ行っていないので、実際に自分の

目で確かめてみたいです。

 

日本にいると宗教に関しては、不思議な国でもあり。

大多数の人が無宗教ではあるけれども、いろいろな宗教の

文化を取り込んで混ざり合っている不思議な国でもあり、

他の国からしたら不思議な国だと思われるかもしれないです。

 

世界の経済、情勢、文化を知る上で、宗教なくは語れず、

イスラム教を勉強しようかなと思ったという話です。