自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

パリEsmodeの展示会

 

 

f:id:jpthingmr:20180607230333j:plain



昨日、パリのesmodeというファッションデザイナー学校の学生により、

最後の展示会が行われました。

 

 

 

f:id:jpthingmr:20180607230354j:plain

以前、そこの学生から撮影の依頼を受け、撮った写真と

服が飾られており、他の学生の作品も見れる機会だったので、足を運びました。

 

f:id:jpthingmr:20180607230357j:plain

会場に入り、すぐに一緒に仕事をしたデザイナーを見つけました。

そして、自分の撮った写真も印刷されていました。

 

f:id:jpthingmr:20180607161953j:plain

なんだかとても不思議な感じでした、先月写真学校で行われた

展示会は、事前に自分で印刷、アルバムなど準備、セッティングも含め
自分でやっていました。

 

今回は、写真撮影以外は、すべて彼女が準備してくれて、その会場の

場へ足を運ぶだけでしたので、行けばそこに自分が撮った写真がドーンと

ありました。

 

 

写真を見てみると、なんだか不思議な感じで、そして恥ずかしい。

自分の裸を見らえているようなそんな感じです。

 

f:id:jpthingmr:20180607162025j:plain

 

会場自体は、3階立てになっており、多数の学生が自分が作った作品を
展示していました。日本人学生も何人も見かけました。ここで学んだ

学生が、いつかはユウジヤマモトやケンゾーといったデザイナーのような

道を歩んでいくんだなーと。

 

f:id:jpthingmr:20180607162015j:plain

これまでこうったファッションのデザイナーの世界というものに触れる機会が
なかったので、とても新鮮でした。

 

そして、ファッション業界自体は世界的にも市場が多く、その業界で働いている
人は本当に多数おり、服は人間にとってなくてはならないもの、必要不可欠であり、

なおかつ季節、年代などで服のスタイル、色など流行り廃りがあり、新陳代謝

が活発な業界。

 

そして、当然この業界に写真家も仕事をもらえている、そんな当たり前のことが

このイベントに行きまじかで見る事で、ファッション業界を肌で感じる事が

できました。

 

 

もうすぐパリで開催されるファッションショー、このショーのために世界中からファッション関係者、街がいたるところにモデルを見つけれる事ができる、そんな季節となってきました。