自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

今この瞬間にフォーカスする、写真もマインドフルネス

以前マインドフルネスという概念を聞いた時には、わりと当たり前というか、

今思うと全然しっくりと来ていなかったんだなと思います。

 

このマインドフルネス、要するに過去や未来に患うことなく、今この瞬間に
フォーカスすることで、心配事や悩みを軽減する方法として、最近認知されている
ようです。

 

マインドフルネス - Wikipedia

このことを初めて聞いた時は、全く腑に落ちていなかったですが、

今はわりとわかりかけてきました。

 

自分の思考を振り返ると、ついつい忙しいと思うことが多かったのですが、

この忙しいと思うことも、実は未来を予想して、あれをしてこれをしてなんて

想像してしまい、だからこの作業を終えたら、次はこの作業をやり、
その次はというように、未来を予想・想像してしまうことから忙しいんだなと

思っているということに、最近気づいたんです。

 

 

知っている人にとっては、これって当たり前のことかもしれないですが、

僕の中では、アハ体験に近いものを感じました。

 

 

そうか、忙しいと思っているということは、今フォーカスしているのではなく、

未来にフォーカスしていたんだなと、自分で認知することができました。

 

そうやって、自分が今過去・未来・現在どこにフォーカスしているか、

自分でチェックすると、面白いもので自分の思考の癖がわかります。

 

そして、私はある時から過去は後悔しないという決意をしてからは、

あまり過去を振り返ることがなくなったので、基本的に後悔することが

多少はあるものの、激減しました。

 

そして、私の仮説ですが、忙しいと思うことも、未来にフォーカスしているから

生まれてくる感情・思考だとしたら、今まで以上に今にフォーカスすることで、

忙しさから解放されるのかなと思っています。

 

というのも、今日も写真の撮影していたんですけれども、

写真って基本今にフォーカスして、あまり過去・未来にフォーカスしないと思う

ですよ。

 

そもそも写真を撮っていると、その瞬間をキャッチしたい、今にフォーカスせざる

終えなくて、それ以外のことはあまり考えれれないんじゃないかなと。

 

友人も言っていたんですけれども、写真は一種の瞑想のようなもので、

写真を撮ることで、心が穏やかになると言っていたのも、実はマインドフルネス

の今にフォーカスしていることと関係しているんだと思います。

 

ネットで調べてみると、写真療法なんてものがあるんですね。

https://www.shashin-ryoho.com/写真療法とは/

 

 

いずれにせよ、写真をすることはまず基本的にお勧めですが、

これまで以上の《今》にフォーカスすることで、よりストレスが軽減され、

より穏やかに過ごせるんだと思っています。