自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

写真撮影の天候良かったです

無事に写真撮影が終了しました。

 

一番の懸念事項だった、天気も問題なかったです。

 

予報では18時から雷注意報でしたが、雨も降ることなくというか、

天気が良すぎるぐらいでした。

 

 

むしろ夕方過ぎで、モデルの人たちが太陽の方向を向くと、

目が痛くなってしまい、それが問題なぐらいでした。

 

 

まだ写真をじっくりと見てないので、実際はどんな感じにできているか

わかりませんが、カメラから見た画像はいい感じです。

 

それにしても、撮影をする前は結構プレッシャーだったんですが、撮影中は
楽しく、どんどんクリエイティブが発揮されるなんて不思議に思います。

 

結構これって何事にも当てはまり、初めてやることに対して、恐怖観念、

とりわけ未知のことって、できるのだろうか、やったことがないという観念が
発生しまいがちです。

 

この感覚、以前はとても嫌でした。コンフォートゾーンでいる方が、気楽て

恐怖観念が発生しないので、そこに留まっていようとし続けていました。

 

今では、この恐怖を感じることに対して、違う認識を持っています。

この恐怖を感じることは、新たな自分へと進化・変化するシグナルだという
認識です。

 

なので、この観念が自分の中で出てきたら、これは新しいことで、これで

また新たな自分になれる機会がやってきた。というようなネガティブな認識から、

ポジティブな認識へと変わることができました。

 

昨日も、まさにこの感覚になったので、写真家としても一つ大きくなれたのかなー

なんて思っています。

 

これからもどんどん、このやったことのないことに対する恐怖のような感覚を
味わい、どんどん体験していけたらと思っています。

 

遊園地で恐怖やドキドキをジェットコースターに並んで、乗るようにそうやって、

未知のことやっていきたい。