自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

写真撮影にはマネジメントを要するようだ

f:id:jpthingmr:20180529211001j:plain

明日、ファッションの写真の仕事があるんです。

 

写真学校が終わり、プロとして第1号の仕事になるわけなんですが、

結構大掛かりになりそうです。

 

最近、天気が悪く、たまに雷がなったり、昨日も大雨が降ったりと、

外での撮影は、本当に天気が気になります。

 

テーマが、コンクリートジャングルなので、パリの都会的なラ・デフォンス

が撮影場所になります。

 

f:id:jpthingmr:20180529211021j:plain

 

それにしても、写真家というと、なんだかただカメラをパシャパシャとしている

イメージかもしれないですが、それ以外のこと結構やっています。

 

今回は、モデルを2人探し出し、そしてメイクさんも見つけ出しました。最終的には、

メイクさんを2人呼ぶことになりました。その関係で、必要な人を集め、時間や場所、どのようなイメージで写真を撮るかなんてことも、基本的に依頼者の希望に沿った形で、それぞれと連絡のやり取りと行いました。

 

f:id:jpthingmr:20180529211004j:plain

このやり取りも結構時間が取られて、まさに仕事のメールでの打ち合わせと全く
変わりません。

そして、気づいたのがこれって、結構ビジネスでプロジェクトを成功させるために、

必要なマネジメントを要し、写真家というのは実は、ちょっとした中間管理職的な
要素も必要なんじゃないかなと、準備をしながら思っていました。

 

総勢6人で撮影ですが、会社のちょっとしたグループと同様ですね。

 

んー前日なんですが、結構プレッシャー感じています。

一人で気楽に写真を撮るのは楽でいいなーなんて思ったりもします。

2人のモデルの人を同時に撮影するの初めてなんど、どうやってやるのか

当日決める感じになりますが、どうにかうまくいけばいいなと思っています。

 

この写真は、事前に場所を確認してこの辺りで写真撮ろうと思った場所を、

写真撮って保存したものです。

 

それでは、明日撮影行ってきます。