自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

審査に向けてプレゼンの準備:カメラの前が一番効果的かもしれない

明日が写真学校の最終試験となります。

 

これまで撮った写真を写真ブックとして、審査員に渡し5分間の
プレゼンをすることになっているんです。

 

さすがに、明日なので、先ほども何度か練習していたのですが、

なかなか上手くしゃべれません。

 

 

そもそも5分間日本語でプレゼンすることも、なかなかハードなのに、

英語でやるとなると、言葉がでないし、文法もデタラメ、発音も怪しい感じに
なっているのが現状です。

 

 

練習方法として、ビデオを回して、ビデオの前でプレゼンの発表をするという

やり方なんですが、結構効果的だと思います。

 

少なくとも、鏡の前で発表するよりも、目の前にビデオカメラがあり、録画
されているという状況が、心理的に圧迫感が増すので、うまく話せないです。

 

 

しかし、客観的に自分のプレゼン姿が観れるので、単純にこうやって自分は
話しているのかーへたな英語だなー髪長いから切ろうかなーなんていろんな発見が

あります。

 

このブログを休憩として、書いているのですが、このビデオを回して
プレゼンの練習をするのは効果出来です。

 

 

やってみるのも、良いかもしれません。

それでは明日の審査に向けて、またビデオで録画プレゼン行っていきます。