自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

5月5日のマクロン反対運動

 

f:id:jpthingmr:20180512155734j:plain

 

5月1日のメーイデーのデモが、大きくフランスで話題になった後の、

次に大きなデモになったのが5月5日のフランス大統領の

マクロン反対運動がありました。

 

 

f:id:jpthingmr:20180512155303j:plain

このプロテストも、またブラックブロックによる暴動が起こるのだろうかと、

前回のデモから想像していました。

 

f:id:jpthingmr:20180512155912j:plain

しかし、今回はプロテストに参加する道の途中に、警察の検問があり、

そこで検査が設けられており、簡単にはブラックブロックがデモに参加できないように
なっていました。

 

f:id:jpthingmr:20180512155541j:plain

そのため、デモ自体は平和に行われ、オペラを出発点とし、バスティーユまでの

間を多数の参加者が、マクロン政権に反対を示す為に参加していました。

 

f:id:jpthingmr:20180512155717j:plain

唯一、ブラックブロックの活動があったのが、最後の集合地点のバスティーユで、

一人の人物が車を壊し、催涙ガスを投げたことで、警察が介入して、一時期

騒然としたぐらいで、前回に比べれると本当に平和的でした。

 

f:id:jpthingmr:20180512160012j:plain

それにしても、この警察の介入に対して、多くのヤジが起こり、警察が
嫌われているようでした。

 

f:id:jpthingmr:20180512155438j:plain

しかし、私から見ると、危険を防ぐ為に警察が介入したことに対して、

仕事を果たしており、なぜそこまで嫌われるのかまったくわかりませんでした。

 

f:id:jpthingmr:20180512155303j:plain


 

単に、自分が外人であり、フランス事情をよくわかっていないのか?

それともその出来事が起こったあたりには、ブラックブッロクと思われる人が、

多くいたので、一部の人の声だったのだろうか。

 

f:id:jpthingmr:20180512155737j:plain

 

現時点では、謎です。しかし2018年の5月はフランスにとって大きな意味合いのある

時期でもあります。なぜかというと、ちょうど50年前の5月にフランスで大規模なデモが起こり、大きな社会問題となってからちょうど50年と節目だからです。

 

f:id:jpthingmr:20180512155136j:plain

50年前は、日本でも学生運動が最も盛んな時期でもあり、フランスも同様に

学生運動が活発であり、社会に影響を与えた時代でもありました。

 

f:id:jpthingmr:20180512155557j:plain

今後のデモは、どのような形式で行われるか気になるところです、

本日も大きなデモがあるので実際に、この目で確かめてみます。

 

 

f:id:jpthingmr:20180512155804j:plain